Image Credit: VisualCamp

 

 

今回の投稿は、本シリーズ「Discover Korea’s Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第4弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。

 

バーチャルリアリティ(VR)をめぐる最大の論点は、

この技術でいかにしてマネタイズするかということだ。

VR 広告は VR コンテンツをマネタイズする一つの方法とみられているが、

広告で視聴者からのトラクションを引き出せるかは不透明である。

韓国を拠点とする VisualCamp(비주얼캠프 ) は、

VR 広告の効果計測を求める広告主向けソリューションを提供している。

同社は VR でユーザが目を向けたときに信号を入力できるテクノロジーを開発した。

 

VisualCamp の共同設立者兼 CEO の Charles Seok(석윤찬)氏はこう話している。

 

"当然ですが、VR 広告ビジネスの話をする前に、

まず前提として VR コンテンツビジネスが軌道に乗らなくてはいけません。

VR 広告は、VR コンテンツブームがあってこそのものです。

視線追跡テクノロジーがあれば、VR 広告市場がもっと身近なものになるでしょう。"

 

同社の主な競合企業には、日本を拠点とする Fove、EyeTribe、EyeFluence、

SMI などがある。視線追跡企業の EyeFluence は先月 Google に買収された。

Charles 氏はそのほか、視線追跡他社は高価格ゆえにい 

まだ普及が見込めない PC ベースの VR ヘッドセットに注力しているという。

VisualCamp では、Android やオールインワンをサポートしているモバイルベースの VR ヘッドセットに対応しているため、

同社のテクノロジーは料金が手頃で手に入れやすい。

Charles 氏は、「CPU 占有率が10%以下の視線追跡アルゴリズムを開発しました」と述べている。

 

Charles 氏は続けてこう述べている。

 

"VR 広告市場が成長するのはモバイルベースの VR 分野でしょう。

スマートフォン対応の VR ヘッドセットは顧客から見てお手頃で、

たくさんの有料広告が得られるからです。

これに対し PC ベースの VR HMD は今でも非常に高価なので、

PC 対応の VR ヘッドセット市場の発展は遅れるでしょう。"

 

 


 

 

様々なセクターで採用されている視線追跡テクノロジー

 

 

Charles 氏は次のように話している。

 

"コマースセクターでは、

当社の視線追跡テクノロジーを活用して視聴者が 3D ショッピングモールで品物を購入したかどうかを広告主が把握できます。

例えば、360度動画でブランド製品が用いられる際、異なるシーンでブランド広告効果が計測できるのです。"

 

現時点での見通しでは75%の正確度だが、

テクノロジーの開発によりこれを90%まで高められるとみている。 

また、視線解析を活用することで、

視聴者がその広告を魅力的と感じたかどうかも判別できるという。

 

"例えば Alibaba の BUY+のような VR コマースが実現すると、

視線追跡テクノロジーによる購入コンバージョン率の向上にもつながります。

ユーザの購買可能性が高いようならクーポンを配信する、

ということができるのです。(Charles 氏)"

 

このテクノロジーはこれ以外にも、ゲーム、教育、360度動画、広告、

調査など様々なセクターで応用できる可能性がある。

 

"視線解析を活用すれば、ポーカーの場合、

隣のプレーヤーがプロかどうかがわかるでしょう。

教育セクターでは、その人が文字を読めるかどうかがわかるでしょう。(Charles 氏)"

 

VisualCamp は中国の VR 企業 Nibiru(睿悦) と協業している。

Nibiru は南京を拠点とし、

2K の VR ヘッドセットソリューションを開発して中国でビジネス展開している。

競合の Fove は昨年、Samsung Ventures から資金調達を受けた。

 

"中国では、ソフトウェア、ハードウェアなどあらゆる VR の構成要素が前進しています。

一方、韓国には強力なコンテンツとテクノロジーはあるのですが、

消費者や企業の VR 採用ペースはまだ緩慢です。(Charles 氏)"

 

VisualCamp は昨年、 

Red Herring によりアジアで最もイノベーティブなテクノロジースタートアップ上位100社に選ばれた。

同社は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。

 

【via Technode】 @technodechina

 

【原文】

 

http://thebridge.jp/2016/11/discover-koreas-tech-visualcamp-eye-tracking-company-for-vr-ads-monetization

Image Credit: VisualCamp

 

 

今回の投稿は、本シリーズ「Discover Korea’s Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第4弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。

 

バーチャルリアリティ(VR)をめぐる最大の論点は、

この技術でいかにしてマネタイズするかということだ。

VR 広告は VR コンテンツをマネタイズする一つの方法とみられているが、

広告で視聴者からのトラクションを引き出せるかは不透明である。

韓国を拠点とする VisualCamp(비주얼캠프 ) は、

VR 広告の効果計測を求める広告主向けソリューションを提供している。

同社は VR でユーザが目を向けたときに信号を入力できるテクノロジーを開発した。

 

VisualCamp の共同設立者兼 CEO の Charles Seok(석윤찬)氏はこう話している。

 

"当然ですが、VR 広告ビジネスの話をする前に、

まず前提として VR コンテンツビジネスが軌道に乗らなくてはいけません。

VR 広告は、VR コンテンツブームがあってこそのものです。

視線追跡テクノロジーがあれば、VR 広告市場がもっと身近なものになるでしょう。"

 

同社の主な競合企業には、日本を拠点とする Fove、EyeTribe、EyeFluence、

SMI などがある。視線追跡企業の EyeFluence は先月 Google に買収された。

Charles 氏はそのほか、視線追跡他社は高価格ゆえにい 

まだ普及が見込めない PC ベースの VR ヘッドセットに注力しているという。

VisualCamp では、Android やオールインワンをサポートしているモバイルベースの VR ヘッドセットに対応しているため、

同社のテクノロジーは料金が手頃で手に入れやすい。

Charles 氏は、「CPU 占有率が10%以下の視線追跡アルゴリズムを開発しました」と述べている。

 

Charles 氏は続けてこう述べている。

 

"VR 広告市場が成長するのはモバイルベースの VR 分野でしょう。

スマートフォン対応の VR ヘッドセットは顧客から見てお手頃で、

たくさんの有料広告が得られるからです。

これに対し PC ベースの VR HMD は今でも非常に高価なので、

PC 対応の VR ヘッドセット市場の発展は遅れるでしょう。"

 

 


 

 

様々なセクターで採用されている視線追跡テクノロジー

 

 

Charles 氏は次のように話している。

 

"コマースセクターでは、

当社の視線追跡テクノロジーを活用して視聴者が 3D ショッピングモールで品物を購入したかどうかを広告主が把握できます。

例えば、360度動画でブランド製品が用いられる際、異なるシーンでブランド広告効果が計測できるのです。"

 

現時点での見通しでは75%の正確度だが、

テクノロジーの開発によりこれを90%まで高められるとみている。 

また、視線解析を活用することで、

視聴者がその広告を魅力的と感じたかどうかも判別できるという。

 

"例えば Alibaba の BUY+のような VR コマースが実現すると、

視線追跡テクノロジーによる購入コンバージョン率の向上にもつながります。

ユーザの購買可能性が高いようならクーポンを配信する、

ということができるのです。(Charles 氏)"

 

このテクノロジーはこれ以外にも、ゲーム、教育、360度動画、広告、

調査など様々なセクターで応用できる可能性がある。

 

"視線解析を活用すれば、ポーカーの場合、

隣のプレーヤーがプロかどうかがわかるでしょう。

教育セクターでは、その人が文字を読めるかどうかがわかるでしょう。(Charles 氏)"

 

VisualCamp は中国の VR 企業 Nibiru(睿悦) と協業している。

Nibiru は南京を拠点とし、

2K の VR ヘッドセットソリューションを開発して中国でビジネス展開している。

競合の Fove は昨年、Samsung Ventures から資金調達を受けた。

 

"中国では、ソフトウェア、ハードウェアなどあらゆる VR の構成要素が前進しています。

一方、韓国には強力なコンテンツとテクノロジーはあるのですが、

消費者や企業の VR 採用ペースはまだ緩慢です。(Charles 氏)"

 

VisualCamp は昨年、 

Red Herring によりアジアで最もイノベーティブなテクノロジースタートアップ上位100社に選ばれた。

同社は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。

 

【via Technode】 @technodechina

 

【原文】

 

http://thebridge.jp/2016/11/discover-koreas-tech-visualcamp-eye-tracking-company-for-vr-ads-monetization

Image Credit: VisualCamp

 

 

今回の投稿は、本シリーズ「Discover Korea’s Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第4弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。

 

バーチャルリアリティ(VR)をめぐる最大の論点は、

この技術でいかにしてマネタイズするかということだ。

VR 広告は VR コンテンツをマネタイズする一つの方法とみられているが、

広告で視聴者からのトラクションを引き出せるかは不透明である。

韓国を拠点とする VisualCamp(비주얼캠프 ) は、

VR 広告の効果計測を求める広告主向けソリューションを提供している。

同社は VR でユーザが目を向けたときに信号を入力できるテクノロジーを開発した。

 

VisualCamp の共同設立者兼 CEO の Charles Seok(석윤찬)氏はこう話している。

 

"当然ですが、VR 広告ビジネスの話をする前に、

まず前提として VR コンテンツビジネスが軌道に乗らなくてはいけません。

VR 広告は、VR コンテンツブームがあってこそのものです。

視線追跡テクノロジーがあれば、VR 広告市場がもっと身近なものになるでしょう。"

 

同社の主な競合企業には、日本を拠点とする Fove、EyeTribe、EyeFluence、

SMI などがある。視線追跡企業の EyeFluence は先月 Google に買収された。

Charles 氏はそのほか、視線追跡他社は高価格ゆえにい 

まだ普及が見込めない PC ベースの VR ヘッドセットに注力しているという。

VisualCamp では、Android やオールインワンをサポートしているモバイルベースの VR ヘッドセットに対応しているため、

同社のテクノロジーは料金が手頃で手に入れやすい。

Charles 氏は、「CPU 占有率が10%以下の視線追跡アルゴリズムを開発しました」と述べている。

 

Charles 氏は続けてこう述べている。

 

"VR 広告市場が成長するのはモバイルベースの VR 分野でしょう。

スマートフォン対応の VR ヘッドセットは顧客から見てお手頃で、

たくさんの有料広告が得られるからです。

これに対し PC ベースの VR HMD は今でも非常に高価なので、

PC 対応の VR ヘッドセット市場の発展は遅れるでしょう。"

 

 


 

 

様々なセクターで採用されている視線追跡テクノロジー

 

 

Charles 氏は次のように話している。

 

"コマースセクターでは、

当社の視線追跡テクノロジーを活用して視聴者が 3D ショッピングモールで品物を購入したかどうかを広告主が把握できます。

例えば、360度動画でブランド製品が用いられる際、異なるシーンでブランド広告効果が計測できるのです。"

 

現時点での見通しでは75%の正確度だが、

テクノロジーの開発によりこれを90%まで高められるとみている。 

また、視線解析を活用することで、

視聴者がその広告を魅力的と感じたかどうかも判別できるという。

 

"例えば Alibaba の BUY+のような VR コマースが実現すると、

視線追跡テクノロジーによる購入コンバージョン率の向上にもつながります。

ユーザの購買可能性が高いようならクーポンを配信する、

ということができるのです。(Charles 氏)"

 

このテクノロジーはこれ以外にも、ゲーム、教育、360度動画、広告、

調査など様々なセクターで応用できる可能性がある。

 

"視線解析を活用すれば、ポーカーの場合、

隣のプレーヤーがプロかどうかがわかるでしょう。

教育セクターでは、その人が文字を読めるかどうかがわかるでしょう。(Charles 氏)"

 

VisualCamp は中国の VR 企業 Nibiru(睿悦) と協業している。

Nibiru は南京を拠点とし、

2K の VR ヘッドセットソリューションを開発して中国でビジネス展開している。

競合の Fove は昨年、Samsung Ventures から資金調達を受けた。

 

"中国では、ソフトウェア、ハードウェアなどあらゆる VR の構成要素が前進しています。

一方、韓国には強力なコンテンツとテクノロジーはあるのですが、

消費者や企業の VR 採用ペースはまだ緩慢です。(Charles 氏)"

 

VisualCamp は昨年、 

Red Herring によりアジアで最もイノベーティブなテクノロジースタートアップ上位100社に選ばれた。

同社は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。

 

【via Technode】 @technodechina

 

【原文】

 

http://thebridge.jp/2016/11/discover-koreas-tech-visualcamp-eye-tracking-company-for-vr-ads-monetization

Newsletter Sign Up

By clicking "submit," you agree to receive emails from Bron2Global and accept our web terms of use and privacy and cookie policy*Terms apply.