Image Credit: GSiL

 

 

今回の投稿は、本シリーズ「Discover Korea’s Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第8弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。

 

韓国セウォル号転覆事故では、304人もの命が失われた。

その後、この国では、あらゆるセクターや業界で安全に対する注意喚起がなされるようになった。

中国でもここ数十年、工場での爆発事故や土砂崩れなど多くの労働災害が発生している。

しかし、残念なことに安全管理者は現場を単なる形式的なものとしてとらえる傾向があり、

その結果、事故、負傷、災害が発生してしまう。

 

Great Safety Information Laboratory(GSiL)はこの問題を、

AIで動く安全管理システムを装備させることで解決しようとしている。

 

同社 CEO の Elisha Lee(이정우)氏は TechNode に対しこのように話している。

 

"安全関連のセクターには複数のスタートアップが存在します。しかし、

異なる状況それぞれにカスタマイズされたソリューションを提供するのは困難でした。"

 

事故防止のために GSiL は環境センサー・機器から何万というデータポイントを収集している。

NFC タグを使用して作業員の位置をモニターし、

設備状況をチェックできる AI で動作するリスク測定、安全システムを開発した。

これにより無線インターネットが建設現場やトンネルで機能することができる。

 

GSiL が他の安全ソリューションと違うのは、建設現場の規模に応じたハイレベルなカスタマイズ仕様である。

 

例えば作業員がトンネルを掘る場合、安全管理者は誰がこの作業を担当しているかを把握できる。

GSiL はトンネルの上部にアンテナ、トンネル内に無線 CCTV カメラを設置している。

また、トンネル内の作業でどこに大きな機器や作業員が存在し、どのような作業がなされているのかがわかる。

同社はヘルメットにセンサーを内蔵させることで、作業員が転倒した際にサーバに通知されるようにしている。

しかも作業員が負傷したり別の事故に巻き込まれたりした場合、黄色のマークで表示される。

 

Lee 氏は次のように述べている。

 

"小規模の建設現場の場合、大規模現場に比べて事故が多くなっています。

安全管理者を配置する必要がないからです。 

安全基準を簡単に逸脱してしまうので、事故の起きる確率が高くなるのです。"

 

中国信息通信研究院(CAICT)のデータによると、

中国は2015年末までに総額2,600億米ドルもの金額をスマートシティに投資してきた。

スマートシティのプランナーは安全、公共エネルギー、住民への影響に気を配っている。

GSiL の狙いは、スマートシティを推進している中国の小規模自治体に安全ソリューションを提供することだ。

 

同社はそのほか、事故発生後の調査作業の重要性も認識している。

 

Lee 氏はこう話している。

 

"事故発生時、救急隊員はその事故の場所が化学工場なのかどうか、

建設現場の場合なら作業員は300人なのか20人なのかを知る必要があります。

当社では救急隊用のアシスタンスガイドラインを設けましたので、

事故の規模に応じた救急体制を敷くことができるようになるのです。"

 

主な競合は安全性を専門とするノルウェー拠点のコンサルティング企業 DNVGL だ。

GSiL はまだ国外顧客を獲得していないが、鉄道関係企業や消防署とは提携できる可能性があるとコメントしている。

GSiL はこれまでに4億ウォン(34万米ドル)のシード資金を BigBang Angels から調達した。

 

GSiL は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。

 

 

 

【via Technode】 @technodechina

 

【原文】

 

http://thebridge.jp/2016/11/ai-company-wants-prevent-accidents-construction-sites

Image Credit: GSiL

 

 

今回の投稿は、本シリーズ「Discover Korea’s Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第8弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。

 

韓国セウォル号転覆事故では、304人もの命が失われた。

その後、この国では、あらゆるセクターや業界で安全に対する注意喚起がなされるようになった。

中国でもここ数十年、工場での爆発事故や土砂崩れなど多くの労働災害が発生している。

しかし、残念なことに安全管理者は現場を単なる形式的なものとしてとらえる傾向があり、

その結果、事故、負傷、災害が発生してしまう。

 

Great Safety Information Laboratory(GSiL)はこの問題を、

AIで動く安全管理システムを装備させることで解決しようとしている。

 

同社 CEO の Elisha Lee(이정우)氏は TechNode に対しこのように話している。

 

"安全関連のセクターには複数のスタートアップが存在します。しかし、

異なる状況それぞれにカスタマイズされたソリューションを提供するのは困難でした。"

 

事故防止のために GSiL は環境センサー・機器から何万というデータポイントを収集している。

NFC タグを使用して作業員の位置をモニターし、

設備状況をチェックできる AI で動作するリスク測定、安全システムを開発した。

これにより無線インターネットが建設現場やトンネルで機能することができる。

 

GSiL が他の安全ソリューションと違うのは、建設現場の規模に応じたハイレベルなカスタマイズ仕様である。

 

例えば作業員がトンネルを掘る場合、安全管理者は誰がこの作業を担当しているかを把握できる。

GSiL はトンネルの上部にアンテナ、トンネル内に無線 CCTV カメラを設置している。

また、トンネル内の作業でどこに大きな機器や作業員が存在し、どのような作業がなされているのかがわかる。

同社はヘルメットにセンサーを内蔵させることで、作業員が転倒した際にサーバに通知されるようにしている。

しかも作業員が負傷したり別の事故に巻き込まれたりした場合、黄色のマークで表示される。

 

Lee 氏は次のように述べている。

 

"小規模の建設現場の場合、大規模現場に比べて事故が多くなっています。

安全管理者を配置する必要がないからです。 

安全基準を簡単に逸脱してしまうので、事故の起きる確率が高くなるのです。"

 

中国信息通信研究院(CAICT)のデータによると、

中国は2015年末までに総額2,600億米ドルもの金額をスマートシティに投資してきた。

スマートシティのプランナーは安全、公共エネルギー、住民への影響に気を配っている。

GSiL の狙いは、スマートシティを推進している中国の小規模自治体に安全ソリューションを提供することだ。

 

同社はそのほか、事故発生後の調査作業の重要性も認識している。

 

Lee 氏はこう話している。

 

"事故発生時、救急隊員はその事故の場所が化学工場なのかどうか、

建設現場の場合なら作業員は300人なのか20人なのかを知る必要があります。

当社では救急隊用のアシスタンスガイドラインを設けましたので、

事故の規模に応じた救急体制を敷くことができるようになるのです。"

 

主な競合は安全性を専門とするノルウェー拠点のコンサルティング企業 DNVGL だ。

GSiL はまだ国外顧客を獲得していないが、鉄道関係企業や消防署とは提携できる可能性があるとコメントしている。

GSiL はこれまでに4億ウォン(34万米ドル)のシード資金を BigBang Angels から調達した。

 

GSiL は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。

 

 

 

【via Technode】 @technodechina

 

【原文】

 

http://thebridge.jp/2016/11/ai-company-wants-prevent-accidents-construction-sites

Image Credit: GSiL

 

 

今回の投稿は、本シリーズ「Discover Korea’s Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第8弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。

 

韓国セウォル号転覆事故では、304人もの命が失われた。

その後、この国では、あらゆるセクターや業界で安全に対する注意喚起がなされるようになった。

中国でもここ数十年、工場での爆発事故や土砂崩れなど多くの労働災害が発生している。

しかし、残念なことに安全管理者は現場を単なる形式的なものとしてとらえる傾向があり、

その結果、事故、負傷、災害が発生してしまう。

 

Great Safety Information Laboratory(GSiL)はこの問題を、

AIで動く安全管理システムを装備させることで解決しようとしている。

 

同社 CEO の Elisha Lee(이정우)氏は TechNode に対しこのように話している。

 

"安全関連のセクターには複数のスタートアップが存在します。しかし、

異なる状況それぞれにカスタマイズされたソリューションを提供するのは困難でした。"

 

事故防止のために GSiL は環境センサー・機器から何万というデータポイントを収集している。

NFC タグを使用して作業員の位置をモニターし、

設備状況をチェックできる AI で動作するリスク測定、安全システムを開発した。

これにより無線インターネットが建設現場やトンネルで機能することができる。

 

GSiL が他の安全ソリューションと違うのは、建設現場の規模に応じたハイレベルなカスタマイズ仕様である。

 

例えば作業員がトンネルを掘る場合、安全管理者は誰がこの作業を担当しているかを把握できる。

GSiL はトンネルの上部にアンテナ、トンネル内に無線 CCTV カメラを設置している。

また、トンネル内の作業でどこに大きな機器や作業員が存在し、どのような作業がなされているのかがわかる。

同社はヘルメットにセンサーを内蔵させることで、作業員が転倒した際にサーバに通知されるようにしている。

しかも作業員が負傷したり別の事故に巻き込まれたりした場合、黄色のマークで表示される。

 

Lee 氏は次のように述べている。

 

"小規模の建設現場の場合、大規模現場に比べて事故が多くなっています。

安全管理者を配置する必要がないからです。 

安全基準を簡単に逸脱してしまうので、事故の起きる確率が高くなるのです。"

 

中国信息通信研究院(CAICT)のデータによると、

中国は2015年末までに総額2,600億米ドルもの金額をスマートシティに投資してきた。

スマートシティのプランナーは安全、公共エネルギー、住民への影響に気を配っている。

GSiL の狙いは、スマートシティを推進している中国の小規模自治体に安全ソリューションを提供することだ。

 

同社はそのほか、事故発生後の調査作業の重要性も認識している。

 

Lee 氏はこう話している。

 

"事故発生時、救急隊員はその事故の場所が化学工場なのかどうか、

建設現場の場合なら作業員は300人なのか20人なのかを知る必要があります。

当社では救急隊用のアシスタンスガイドラインを設けましたので、

事故の規模に応じた救急体制を敷くことができるようになるのです。"

 

主な競合は安全性を専門とするノルウェー拠点のコンサルティング企業 DNVGL だ。

GSiL はまだ国外顧客を獲得していないが、鉄道関係企業や消防署とは提携できる可能性があるとコメントしている。

GSiL はこれまでに4億ウォン(34万米ドル)のシード資金を BigBang Angels から調達した。

 

GSiL は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。

 

 

 

【via Technode】 @technodechina

 

【原文】

 

http://thebridge.jp/2016/11/ai-company-wants-prevent-accidents-construction-sites

This is the eighth post in our series: 

Discover Korea’s Tech, where we will talk to a mix of Korean startup entrepreneurs 

who stood their own ground with their technology, 

in Korea’s economy notoriously dominated by gigantic companies. 

Stay tuned over the coming month as we talk to Korean entrepreneurs. 

You can follow our updates @technodechina for new stories in the series.

 

When the Sewol ferry capsized, it took 304 souls with it. 

This raised awareness of safety in every sector and every industry in the country after. 

China has also seen many industrial accidents over the past few decades, 

including factory explosions and mudslides. 

Unfortunately, it is common for safety managers to often inspect the site as a mere formality, 

leading to higher chances of accidents, injuries, and fatalities.

 

Great Safety Information Laboratory (GSiL) aims to solve this problem 

by providing an AI-powered safety management system for safety managers.

 

“There has been some startups in the safety sector. 

However, it was hard for them to customize their solution 

to all different situations,” CEO of GSiL, Elisha Lee told TechNode.

 

To prevent accidents, GSiL collects tens of thousand of data points 

from environmental sensors and equipment. 

They have come up with AI-powered risk metrics and a safety system 

that monitors the location of workers and checks equipment using NFC tags. 

This allows wireless Internet to work on construction sites and tunnels.

 

GSiL differentiates itself from other safety solutions 

by allowing for a large degree of customization, 

depending on the scale of the construction site.

 

For example, when workers are digging a tunnel, 

the manager can see who’s in charge of it. 

On the top of the tunnel, GSiL installs an antenna and wireless CCTV cameras inside the tunnel. 

When working inside the tunnel, 

managers can check where all the big equipment and workers are and check their work. 

The Korean company embeds a sensor in safety hats 

so that it can notify the server when a worker falls down. 

If the worker is likely to be hurt or cause another accident, he will be marked yellow.

 

“Small construction sites have more accidents then bigger construction sites 

because they don’t have to hire a safety manager. 

They easily ignore safety measures, increasing the possibility of accident occurrence,” Mr. Lee says.

 

China saw total investments in smart cities that 260 billion USD by the end of 2015, 

according to data from the China Academy of ICT (CAICT). 

Smart city planners care about safety, public energy and its impact on residents. 

GSiL aims to provide its safety solution for Chinese local governments working with smart cities.

 

GSiL is also aware of the importance of the search after an accident occurs.

 

“When there is an accident, firefighters need to know 

if the accident is at a chemical factory or a construction site with 300 workers or 20 workers. 

We set up assistance guidelines for rescuers so that they can prepare the rescue work 

that corresponds to the scale of the accident,” Mr. Lee says.

 

Their main competitor is Norway-based DNVGL, a consulting company focused on safety. 

GSiL doesn’t have any clients from overseas yet, 

but they have said they see potential partnerships with rail alliances and fire stations. 

GSiL has already scooped 400 million KRW (340,000 USD) seed round investment from BigBang Angels.

 

GSiL is supported by K-ICT Born2Global Center

a major Korean government agency under the Ministry of Science, 

ICT and Future Planning (MSIP).

 

 

Image Credit: GSiL

 

 

http://technode.com/2016/11/25/ai-company-wants-prevent-accidents-construction-sites/ 

 

 

This is the eighth post in our series: 

Discover Korea’s Tech, where we will talk to a mix of Korean startup entrepreneurs 

who stood their own ground with their technology, 

in Korea’s economy notoriously dominated by gigantic companies. 

Stay tuned over the coming month as we talk to Korean entrepreneurs. 

You can follow our updates @technodechina for new stories in the series.

 

When the Sewol ferry capsized, it took 304 souls with it. 

This raised awareness of safety in every sector and every industry in the country after. 

China has also seen many industrial accidents over the past few decades, 

including factory explosions and mudslides. 

Unfortunately, it is common for safety managers to often inspect the site as a mere formality, 

leading to higher chances of accidents, injuries, and fatalities.

 

Great Safety Information Laboratory (GSiL) aims to solve this problem 

by providing an AI-powered safety management system for safety managers.

 

“There has been some startups in the safety sector. 

However, it was hard for them to customize their solution 

to all different situations,” CEO of GSiL, Elisha Lee told TechNode.

 

To prevent accidents, GSiL collects tens of thousand of data points 

from environmental sensors and equipment. 

They have come up with AI-powered risk metrics and a safety system 

that monitors the location of workers and checks equipment using NFC tags. 

This allows wireless Internet to work on construction sites and tunnels.

 

GSiL differentiates itself from other safety solutions 

by allowing for a large degree of customization, 

depending on the scale of the construction site.

 

For example, when workers are digging a tunnel, 

the manager can see who’s in charge of it. 

On the top of the tunnel, GSiL installs an antenna and wireless CCTV cameras inside the tunnel. 

When working inside the tunnel, 

managers can check where all the big equipment and workers are and check their work. 

The Korean company embeds a sensor in safety hats 

so that it can notify the server when a worker falls down. 

If the worker is likely to be hurt or cause another accident, he will be marked yellow.

 

“Small construction sites have more accidents then bigger construction sites 

because they don’t have to hire a safety manager. 

They easily ignore safety measures, increasing the possibility of accident occurrence,” Mr. Lee says.

 

China saw total investments in smart cities that 260 billion USD by the end of 2015, 

according to data from the China Academy of ICT (CAICT). 

Smart city planners care about safety, public energy and its impact on residents. 

GSiL aims to provide its safety solution for Chinese local governments working with smart cities.

 

GSiL is also aware of the importance of the search after an accident occurs.

 

“When there is an accident, firefighters need to know 

if the accident is at a chemical factory or a construction site with 300 workers or 20 workers. 

We set up assistance guidelines for rescuers so that they can prepare the rescue work 

that corresponds to the scale of the accident,” Mr. Lee says.

 

Their main competitor is Norway-based DNVGL, a consulting company focused on safety. 

GSiL doesn’t have any clients from overseas yet, 

but they have said they see potential partnerships with rail alliances and fire stations. 

GSiL has already scooped 400 million KRW (340,000 USD) seed round investment from BigBang Angels.

 

GSiL is supported by K-ICT Born2Global Center

a major Korean government agency under the Ministry of Science, 

ICT and Future Planning (MSIP).

 

 

Image Credit: GSiL

 

 

http://technode.com/2016/11/25/ai-company-wants-prevent-accidents-construction-sites/ 

 

 

This is the eighth post in our series: 

Discover Korea’s Tech, where we will talk to a mix of Korean startup entrepreneurs 

who stood their own ground with their technology, 

in Korea’s economy notoriously dominated by gigantic companies. 

Stay tuned over the coming month as we talk to Korean entrepreneurs. 

You can follow our updates @technodechina for new stories in the series.

 

When the Sewol ferry capsized, it took 304 souls with it. 

This raised awareness of safety in every sector and every industry in the country after. 

China has also seen many industrial accidents over the past few decades, 

including factory explosions and mudslides. 

Unfortunately, it is common for safety managers to often inspect the site as a mere formality, 

leading to higher chances of accidents, injuries, and fatalities.

 

Great Safety Information Laboratory (GSiL) aims to solve this problem 

by providing an AI-powered safety management system for safety managers.

 

“There has been some startups in the safety sector. 

However, it was hard for them to customize their solution 

to all different situations,” CEO of GSiL, Elisha Lee told TechNode.

 

To prevent accidents, GSiL collects tens of thousand of data points 

from environmental sensors and equipment. 

They have come up with AI-powered risk metrics and a safety system 

that monitors the location of workers and checks equipment using NFC tags. 

This allows wireless Internet to work on construction sites and tunnels.

 

GSiL differentiates itself from other safety solutions 

by allowing for a large degree of customization, 

depending on the scale of the construction site.

 

For example, when workers are digging a tunnel, 

the manager can see who’s in charge of it. 

On the top of the tunnel, GSiL installs an antenna and wireless CCTV cameras inside the tunnel. 

When working inside the tunnel, 

managers can check where all the big equipment and workers are and check their work. 

The Korean company embeds a sensor in safety hats 

so that it can notify the server when a worker falls down. 

If the worker is likely to be hurt or cause another accident, he will be marked yellow.

 

“Small construction sites have more accidents then bigger construction sites 

because they don’t have to hire a safety manager. 

They easily ignore safety measures, increasing the possibility of accident occurrence,” Mr. Lee says.

 

China saw total investments in smart cities that 260 billion USD by the end of 2015, 

according to data from the China Academy of ICT (CAICT). 

Smart city planners care about safety, public energy and its impact on residents. 

GSiL aims to provide its safety solution for Chinese local governments working with smart cities.

 

GSiL is also aware of the importance of the search after an accident occurs.

 

“When there is an accident, firefighters need to know 

if the accident is at a chemical factory or a construction site with 300 workers or 20 workers. 

We set up assistance guidelines for rescuers so that they can prepare the rescue work 

that corresponds to the scale of the accident,” Mr. Lee says.

 

Their main competitor is Norway-based DNVGL, a consulting company focused on safety. 

GSiL doesn’t have any clients from overseas yet, 

but they have said they see potential partnerships with rail alliances and fire stations. 

GSiL has already scooped 400 million KRW (340,000 USD) seed round investment from BigBang Angels.

 

GSiL is supported by K-ICT Born2Global Center

a major Korean government agency under the Ministry of Science, 

ICT and Future Planning (MSIP).

 

 

Image Credit: GSiL

 

 

http://technode.com/2016/11/25/ai-company-wants-prevent-accidents-construction-sites/ 

 

 

Newsletter Sign Up

By clicking "submit," you agree to receive emails from Bron2Global and accept our web terms of use and privacy and cookie policy*Terms apply.