今回の投稿は、

本シリーズ 「Discover Korea's Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第5弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。


人工知能(AI)が消費者市場でますますトラクションを獲得しつつある中、

国では今年初めにすでにホームロボットが何種類か登場した。

そして今、韓国を拠点とする Innovative Play Lab(아이피엘) が、

強力な AI のおかげで他社を超える知能をもつロボットを開発したという。


IPL 独自開発した AI を搭載した iJINi 声や顔を認識できる。

10年におよびロボット開発に従事している IPL の設立者兼 CEO Kyungwook Kim(김경욱)氏は、

ハードウェアインターフェースはまもなくタッチ操作ではな

く音声認識に基づくものになるだろうと考えている。


iJINi は、対面式の通話や不在時の家の監視が可能だ。

また赤ちゃんの寝返りを認識したり泣いた時に両親に通知したりと、

赤ちゃんの世話を手伝うこともできる。

ペアリングしたモバイルアプリに接続し、データはすべてクラウドで処理される。

20167月には、プロダクトデザイン部門でレッド・ドット賞を獲得している。


     

iJINiはバッテリー残量が少なくなるとチャージ・ステーションに戻ってくる
Image Credit: IPL


IPL は先週(11月第3週)、

国を拠点とする ROOBO との160億韓国ウォン(1,340万米ドル)相当の販売契約を発表した。

ROOBO は以前、IPL 対して220万米ドルの投資を行っている。


IPL がロボットシステムの設計と開発を担当し、

ROOBO がロボットの販売と中国国内における AI サービスを担当する。

ROOBO はまた、iJINi への O2O サービスの接続も予定しており、

所有者は iJINi 経由で食べ物を注文したりタクシーを呼んだりすることができるようになる。

同ロボットは来年初頭までに中国、タイ、韓国で発売される予定だ。


関連記事>

 

IPL は、ロボティクス向けに最適化された Android バージョンを開発した。

ロボティクスの開発者向けにツールセットを提供し、

ロボットに加えコンテンツの開発を助けることが目的だ。

IPL によると、このロボティクス API 発ツールは近くローンチ予定だという。

最終的に目指すのは、ロボット向けコンテンツエコシステムを提供するプラットフォームを構築することにある。


iJINi の主な競合は、アメリカ発の Jibo と、

フランスの Blue Frog Robotics が開発した家族向けのコンパニオンロボット Buddy だ。


だが IPL は、同社のクラウド AI がもつ適応性と拡張性で競争優位を確立できると見込んでいる。


“AI ロボットは、AI クラウドと、

提供するサービスと互換性があるハードウェアプラットフォームを必要とします。

弊社プラットフォームは他の AI プラットフォームと互換性があります。”(Kim 氏)


ソーシャルロボットを専門とする同社は家電市場をターゲットとし、

スマートホームロボットの構築を目指している。


“今のところ、人々はロボティクスの必要性をあまり感じていません。

だからこそ家電市場をターゲットとしているのです。

弊社は音声インターフェースを利用して情報をロボットに伝達したいと考えています。

ロボットを他の IoT とつなぎ、ユーザが他の家電を音声で管理できるようにすることを目指しています。”(Kim 氏)


IPL は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。



 

 

via Technode @technodechina


【原文】


    http://thebridge.jp/2016/12/meet-ai-pet-robot-responds-voice

今回の投稿は、

本シリーズ 「Discover Korea's Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第5弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。


人工知能(AI)が消費者市場でますますトラクションを獲得しつつある中、

国では今年初めにすでにホームロボットが何種類か登場した。

そして今、韓国を拠点とする Innovative Play Lab(아이피엘) が、

強力な AI のおかげで他社を超える知能をもつロボットを開発したという。


IPL 独自開発した AI を搭載した iJINi 声や顔を認識できる。

10年におよびロボット開発に従事している IPL の設立者兼 CEO Kyungwook Kim(김경욱)氏は、

ハードウェアインターフェースはまもなくタッチ操作ではな

く音声認識に基づくものになるだろうと考えている。


iJINi は、対面式の通話や不在時の家の監視が可能だ。

また赤ちゃんの寝返りを認識したり泣いた時に両親に通知したりと、

赤ちゃんの世話を手伝うこともできる。

ペアリングしたモバイルアプリに接続し、データはすべてクラウドで処理される。

20167月には、プロダクトデザイン部門でレッド・ドット賞を獲得している。


     

iJINiはバッテリー残量が少なくなるとチャージ・ステーションに戻ってくる
Image Credit: IPL


IPL は先週(11月第3週)、

国を拠点とする ROOBO との160億韓国ウォン(1,340万米ドル)相当の販売契約を発表した。

ROOBO は以前、IPL 対して220万米ドルの投資を行っている。


IPL がロボットシステムの設計と開発を担当し、

ROOBO がロボットの販売と中国国内における AI サービスを担当する。

ROOBO はまた、iJINi への O2O サービスの接続も予定しており、

所有者は iJINi 経由で食べ物を注文したりタクシーを呼んだりすることができるようになる。

同ロボットは来年初頭までに中国、タイ、韓国で発売される予定だ。


関連記事>

 

IPL は、ロボティクス向けに最適化された Android バージョンを開発した。

ロボティクスの開発者向けにツールセットを提供し、

ロボットに加えコンテンツの開発を助けることが目的だ。

IPL によると、このロボティクス API 発ツールは近くローンチ予定だという。

最終的に目指すのは、ロボット向けコンテンツエコシステムを提供するプラットフォームを構築することにある。


iJINi の主な競合は、アメリカ発の Jibo と、

フランスの Blue Frog Robotics が開発した家族向けのコンパニオンロボット Buddy だ。


だが IPL は、同社のクラウド AI がもつ適応性と拡張性で競争優位を確立できると見込んでいる。


“AI ロボットは、AI クラウドと、

提供するサービスと互換性があるハードウェアプラットフォームを必要とします。

弊社プラットフォームは他の AI プラットフォームと互換性があります。”(Kim 氏)


ソーシャルロボットを専門とする同社は家電市場をターゲットとし、

スマートホームロボットの構築を目指している。


“今のところ、人々はロボティクスの必要性をあまり感じていません。

だからこそ家電市場をターゲットとしているのです。

弊社は音声インターフェースを利用して情報をロボットに伝達したいと考えています。

ロボットを他の IoT とつなぎ、ユーザが他の家電を音声で管理できるようにすることを目指しています。”(Kim 氏)


IPL は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。



 

 

via Technode @technodechina


【原文】


    http://thebridge.jp/2016/12/meet-ai-pet-robot-responds-voice

今回の投稿は、

本シリーズ 「Discover Korea's Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第5弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。


人工知能(AI)が消費者市場でますますトラクションを獲得しつつある中、

国では今年初めにすでにホームロボットが何種類か登場した。

そして今、韓国を拠点とする Innovative Play Lab(아이피엘) が、

強力な AI のおかげで他社を超える知能をもつロボットを開発したという。


IPL 独自開発した AI を搭載した iJINi 声や顔を認識できる。

10年におよびロボット開発に従事している IPL の設立者兼 CEO Kyungwook Kim(김경욱)氏は、

ハードウェアインターフェースはまもなくタッチ操作ではな

く音声認識に基づくものになるだろうと考えている。


iJINi は、対面式の通話や不在時の家の監視が可能だ。

また赤ちゃんの寝返りを認識したり泣いた時に両親に通知したりと、

赤ちゃんの世話を手伝うこともできる。

ペアリングしたモバイルアプリに接続し、データはすべてクラウドで処理される。

20167月には、プロダクトデザイン部門でレッド・ドット賞を獲得している。


     

iJINiはバッテリー残量が少なくなるとチャージ・ステーションに戻ってくる
Image Credit: IPL


IPL は先週(11月第3週)、

国を拠点とする ROOBO との160億韓国ウォン(1,340万米ドル)相当の販売契約を発表した。

ROOBO は以前、IPL 対して220万米ドルの投資を行っている。


IPL がロボットシステムの設計と開発を担当し、

ROOBO がロボットの販売と中国国内における AI サービスを担当する。

ROOBO はまた、iJINi への O2O サービスの接続も予定しており、

所有者は iJINi 経由で食べ物を注文したりタクシーを呼んだりすることができるようになる。

同ロボットは来年初頭までに中国、タイ、韓国で発売される予定だ。


関連記事>

 

IPL は、ロボティクス向けに最適化された Android バージョンを開発した。

ロボティクスの開発者向けにツールセットを提供し、

ロボットに加えコンテンツの開発を助けることが目的だ。

IPL によると、このロボティクス API 発ツールは近くローンチ予定だという。

最終的に目指すのは、ロボット向けコンテンツエコシステムを提供するプラットフォームを構築することにある。


iJINi の主な競合は、アメリカ発の Jibo と、

フランスの Blue Frog Robotics が開発した家族向けのコンパニオンロボット Buddy だ。


だが IPL は、同社のクラウド AI がもつ適応性と拡張性で競争優位を確立できると見込んでいる。


“AI ロボットは、AI クラウドと、

提供するサービスと互換性があるハードウェアプラットフォームを必要とします。

弊社プラットフォームは他の AI プラットフォームと互換性があります。”(Kim 氏)


ソーシャルロボットを専門とする同社は家電市場をターゲットとし、

スマートホームロボットの構築を目指している。


“今のところ、人々はロボティクスの必要性をあまり感じていません。

だからこそ家電市場をターゲットとしているのです。

弊社は音声インターフェースを利用して情報をロボットに伝達したいと考えています。

ロボットを他の IoT とつなぎ、ユーザが他の家電を音声で管理できるようにすることを目指しています。”(Kim 氏)


IPL は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。



 

 

via Technode @technodechina


【原文】


    http://thebridge.jp/2016/12/meet-ai-pet-robot-responds-voice

iJINi goes back to its charging station when its battery is getting low.

 

This is the fifth post in our series: Discover Korea’s Tech, 

where we will talk to a mix of Korean startup entrepreneurs 

who stood their own ground with their technology, 

in Korea’s economy notoriously dominated by gigantic companies. 

Stay tuned over the coming month as we talk to Korean entrepreneurs. 

You can follow our updates @technodechina for new stories in the series. 

 

Artificial Intelligence is getting more and more traction in the consumer space. 

We’ve already seen a few home robots coming out of China earlier this year. 

Now, Innovative Play Lab, based in Korea, claims to have a robot that, 

because of its power AI, is smarter than all the others.

 

iJINi, powered by IPL’sproprietray AI, can recognize voices and faces. 

The founder and CEO of IPL, Kyungwook Kim, has been developing robots for ten years, 

and he believes that hardware interfaces are will soon be based on voice, not touch.

 

iJINi can provide face-to-face calls and monitor home when the owner is outside. 

It can also assist in baby care by recognizing when the baby turns its body 

and by alerting parents when the baby cries. 

The robot connects to the pairing mobile application 

with all the data processed in the cloud. 

It was awarded the Red Dot Award in the product design category in July 2016.

 

IPL announced last week a distribution deal 

with China-based ROOBO worth 16 billion KRW (13.4 million USD). 

ROOBO has previously invested 2.2 million USD in IPL.

 

IPL will take on the design and development of robot system, 

while ROOBO will take on the robot’s distribution and AI service in China. 

ROOBO will also connect O2O services to iJINi 

so that owners can order food and call a cab through iJINi. 

The robot is schedule to be released in China, Thailand, and South Korea by early next year.

 

The Korean company has developed a robotics-optimized version of Android. 

They are aiming to provide a toolset 

for robotics developers to come up with content on top of the robot. 

The robotic API developing tool will be launched in the near future, the IPL says. 

The company ultimately aims to build a platform, providing a content ecosystem for robots.

 

iJINi’s main competitors are Jibo made in U.S. 

anBuddy, a companion robot for families, made by Blue Frog Robotics in France.

 

However, IPL is betting that their cloud AI will prove to be their competitive advantage 

with it’s adaptabililty and expansibility.

 

“AI robot needs AI cloud and a hardware platform 

that is compatible with the service it provides,” Mr. Kim says. 

“Our platform is compatible with other AI platforms.”

 

The social robot company aims to build a smart home robot, 

targeting home appliance market.

“People don’t feel that robotics are that necessary at the moment. 

That’s why we target home appliance market. 

 

We want to transfer information to the robot using the voice interface. 

We aim to connect the robot with other internet of things, 

and help users to control other home appliances with their voice,” he says.

 

IPL is supported by K-ICT Born2Global Center

a major Korean government agency under the Ministry of Science, 

ICT and Future Planning (MSIP).

 

Image Credit: IPL

 

 

http://technode.com/2016/11/23/meet-ai-pet-robot-responds-voice/

 

 

iJINi goes back to its charging station when its battery is getting low.

 

This is the fifth post in our series: Discover Korea’s Tech, 

where we will talk to a mix of Korean startup entrepreneurs 

who stood their own ground with their technology, 

in Korea’s economy notoriously dominated by gigantic companies. 

Stay tuned over the coming month as we talk to Korean entrepreneurs. 

You can follow our updates @technodechina for new stories in the series. 

 

Artificial Intelligence is getting more and more traction in the consumer space. 

We’ve already seen a few home robots coming out of China earlier this year. 

Now, Innovative Play Lab, based in Korea, claims to have a robot that, 

because of its power AI, is smarter than all the others.

 

iJINi, powered by IPL’sproprietray AI, can recognize voices and faces. 

The founder and CEO of IPL, Kyungwook Kim, has been developing robots for ten years, 

and he believes that hardware interfaces are will soon be based on voice, not touch.

 

iJINi can provide face-to-face calls and monitor home when the owner is outside. 

It can also assist in baby care by recognizing when the baby turns its body 

and by alerting parents when the baby cries. 

The robot connects to the pairing mobile application 

with all the data processed in the cloud. 

It was awarded the Red Dot Award in the product design category in July 2016.

 

IPL announced last week a distribution deal 

with China-based ROOBO worth 16 billion KRW (13.4 million USD). 

ROOBO has previously invested 2.2 million USD in IPL.

 

IPL will take on the design and development of robot system, 

while ROOBO will take on the robot’s distribution and AI service in China. 

ROOBO will also connect O2O services to iJINi 

so that owners can order food and call a cab through iJINi. 

The robot is schedule to be released in China, Thailand, and South Korea by early next year.

 

The Korean company has developed a robotics-optimized version of Android. 

They are aiming to provide a toolset 

for robotics developers to come up with content on top of the robot. 

The robotic API developing tool will be launched in the near future, the IPL says. 

The company ultimately aims to build a platform, providing a content ecosystem for robots.

 

iJINi’s main competitors are Jibo made in U.S. 

anBuddy, a companion robot for families, made by Blue Frog Robotics in France.

 

However, IPL is betting that their cloud AI will prove to be their competitive advantage 

with it’s adaptabililty and expansibility.

 

“AI robot needs AI cloud and a hardware platform 

that is compatible with the service it provides,” Mr. Kim says. 

“Our platform is compatible with other AI platforms.”

 

The social robot company aims to build a smart home robot, 

targeting home appliance market.

“People don’t feel that robotics are that necessary at the moment. 

That’s why we target home appliance market. 

 

We want to transfer information to the robot using the voice interface. 

We aim to connect the robot with other internet of things, 

and help users to control other home appliances with their voice,” he says.

 

IPL is supported by K-ICT Born2Global Center

a major Korean government agency under the Ministry of Science, 

ICT and Future Planning (MSIP).

 

Image Credit: IPL

 

 

http://technode.com/2016/11/23/meet-ai-pet-robot-responds-voice/

 

 

iJINi goes back to its charging station when its battery is getting low.

 

This is the fifth post in our series: Discover Korea’s Tech, 

where we will talk to a mix of Korean startup entrepreneurs 

who stood their own ground with their technology, 

in Korea’s economy notoriously dominated by gigantic companies. 

Stay tuned over the coming month as we talk to Korean entrepreneurs. 

You can follow our updates @technodechina for new stories in the series. 

 

Artificial Intelligence is getting more and more traction in the consumer space. 

We’ve already seen a few home robots coming out of China earlier this year. 

Now, Innovative Play Lab, based in Korea, claims to have a robot that, 

because of its power AI, is smarter than all the others.

 

iJINi, powered by IPL’sproprietray AI, can recognize voices and faces. 

The founder and CEO of IPL, Kyungwook Kim, has been developing robots for ten years, 

and he believes that hardware interfaces are will soon be based on voice, not touch.

 

iJINi can provide face-to-face calls and monitor home when the owner is outside. 

It can also assist in baby care by recognizing when the baby turns its body 

and by alerting parents when the baby cries. 

The robot connects to the pairing mobile application 

with all the data processed in the cloud. 

It was awarded the Red Dot Award in the product design category in July 2016.

 

IPL announced last week a distribution deal 

with China-based ROOBO worth 16 billion KRW (13.4 million USD). 

ROOBO has previously invested 2.2 million USD in IPL.

 

IPL will take on the design and development of robot system, 

while ROOBO will take on the robot’s distribution and AI service in China. 

ROOBO will also connect O2O services to iJINi 

so that owners can order food and call a cab through iJINi. 

The robot is schedule to be released in China, Thailand, and South Korea by early next year.

 

The Korean company has developed a robotics-optimized version of Android. 

They are aiming to provide a toolset 

for robotics developers to come up with content on top of the robot. 

The robotic API developing tool will be launched in the near future, the IPL says. 

The company ultimately aims to build a platform, providing a content ecosystem for robots.

 

iJINi’s main competitors are Jibo made in U.S. 

anBuddy, a companion robot for families, made by Blue Frog Robotics in France.

 

However, IPL is betting that their cloud AI will prove to be their competitive advantage 

with it’s adaptabililty and expansibility.

 

“AI robot needs AI cloud and a hardware platform 

that is compatible with the service it provides,” Mr. Kim says. 

“Our platform is compatible with other AI platforms.”

 

The social robot company aims to build a smart home robot, 

targeting home appliance market.

“People don’t feel that robotics are that necessary at the moment. 

That’s why we target home appliance market. 

 

We want to transfer information to the robot using the voice interface. 

We aim to connect the robot with other internet of things, 

and help users to control other home appliances with their voice,” he says.

 

IPL is supported by K-ICT Born2Global Center

a major Korean government agency under the Ministry of Science, 

ICT and Future Planning (MSIP).

 

Image Credit: IPL

 

 

http://technode.com/2016/11/23/meet-ai-pet-robot-responds-voice/

 

 

Newsletter Sign Up

By clicking "submit," you agree to receive emails from Bron2Global and accept our web terms of use and privacy and cookie policy*Terms apply.