The global restaurant marketing platform REDTABLE has recently signed supply contracts with major online travel agencies in TaiwanJapan, and Singapore to provide customers across Asia with Korean food tourism products.


The K-ICT Born2Global Centre announced that its member company REDTABLE will be expanding its sales channels from Greater China to encompass all of Asia through its new contracts with KKDAY, VOYAGIN, and BEMYGUEST.

Using its analytical technology and by collecting global big data, REDTABLE introduces restaurants that are popular with Koreans to foreign tourists. It also provides a reservation service that enables customers to make orders and payments using their smartphones.

A prominent Taiwanese online travel agency, KKDAY is a web-based travel platform that sells day tours, transportation passes, and tickets for performances and other types of travel experiences to FIT tourists. It works with over 300 partner companies and offers over 6,000 tourism products.

VOYAGIN is an online travel platform offering sightseeing tours, tickets to attractions, and Michelin-star restaurant reservations in over 50 countries, including JapanSingapore, Korea, and Indonesia.

BEMYGUEST is an online, Singapore-based tour and activity reservation platform. Tourists from a wide range of countries are using and enjoying the activity, tourist attraction, and day tour products sold through BEMYGUEST.

REDTABLE CEO Do Hae-yong said, "Over 50% of Japanese and Southeast Asian tourists are learning about Korean food through social media and travelogues. With the growing interest in Korean food around the world, more and more tourists are making reservations at Korean restaurants in advance, just as they do for flight tickets and hotels."

REDTABLE received an award at the 2017 Tourism Venture Contest conducted by the Korea Tourism Organization (KTO) and currently operates the most food tourism sales channels among Korean corporations. Its sales channels include: major Chinese travel agencies, including Ctrip, Tuniu, TongCheng, Qiongyou, and Alitrip; DianpingChina's largest restaurant review website; social commerce company Meituan; and KLOOK, a platform that sells travel activity packages across Southeast Asia. REDTABLE is also working with Seoul Metropolitan Government to develop a multi-language mobile menu board designed to revitalize the city's food tourism industry and has partnered with the KTO on a tourism project that advertises Michelin-starred restaurants and Korean royal cuisine restaurants to Chinese tourists.

 

 

 

 

REDTABLE, the developer of a global restaurant marketing platform, recently signed a contract with KlookSoutheast Asia's largest travel platform, regarding the distribution of food tour products.

 


 

A member company of the K-ICT Born2Global Centre, REDTABLE announced its signing of the contract with Klook along with its plan to expand its sales channels into Southeast Asia.

Based primarily in Southeast Asia (Hong KongTaiwanSingaporeIndonesiaMalaysia, etc.), Klook is a platform that sells travel activity products across Asia. Currently, over 10,000 activity products in 80 cities are available for reservation. Klook was chosen as one of Apple's "Best iOS Apps" of 2015 and received an investment of USD 3 million from Sequoia Capital earlier this year. Sequoia Capital is a global investment company that has invested in not only global corporations such as Apple, Google, Airbnb, and Instagram but also lesser known yet promising companies such as Alibaba, Didi Chuxing, and JD.com.

REDTABLE CEO Hae-yong Do said, "There are some food tour products reserved and paid for within less than one day of being posting on Klook. Given the high level of interest in Korean food across Southeast Asia, thanks to the Hallyu boom (Korean Wave), we are hoping that our contract with Klook serves as a valuable opportunity for us to promote Korean food to people living in areas where the app is available."

REDTABLE currently has the largest number of food tourism sales channels in Korea. It supplies food tourism products to major Chinese travel agencies, including Ctrip, Tuniu, Alitrip, TongCheng, and Qiongyou, as well as to DianpingChina's largest restaurant review website, and the social commerce company Meituan.

REDTABLE is also quite busy in South Korea. In particular, the company is working with Seoul Metropolitan Government to develop a multi-language mobile menu service designed to revitalize the city's food tourism industry. It has also partnered with the Korea Tourism Organization (KTO) to conduct a food tourism marketing project targeting Chinese tourists. In March, REDTABLE was designated by Seoul Metropolitan Government as a "tourism venture company." Most recently, the company released the "Amazing Race" food stamp tour for free independent Chinese tourists visiting Korea.

 

 


 

Our member in this article

 

Description

Real menu, Easy order, Direct payment

        

 

 

 

REDTABLE to introduce Korean restaurants, accept mobile orders, and participate in joint operation of order/payment service for Chinese tourists 

 

 

REDTABLE, a startup that developed a global platform for restaurant marketing, recently signed a contract to become the official Korean partner of Ctrip Gourmet List, the independent gourmet brand of Ctrip, China’s largest online travel website.

 

The K-ICT Born2Global Centre announced that its member company REDTABLE was named as a judge for Ctrip Gourmet List, based on its accumulated global big data and analysis technology. In addition to evaluating and recommending popular Korean restaurants for tourists from Greater China, REDTABLE will also be working with Ctrip to operate a reservation service capable of receiving orders and processing payments via mobile devices.

 

To ensure fairness and impartiality in the evaluation and designation of restaurants, Ctrip Gourmet List operates a three-step evaluation process that involves: 1) a 15,000-member field evaluation team, 2) a 500- judge panel for general restaurants, and 3) a 17-judge panel for fine-dining restaurants. After undergoing the evaluation and judging process, restaurants are classified under one of three categories: Ctrip Star, Ctrip Select, or Local Favorite.

 

Ctrip Gourmet List is a guide service for tourists from Greater China (China, Hong Kong, Taiwan, etc.) that introduces popular local restaurants overseas. It has made a name for itself as a specialized service for Chinese-speaking tourists that rivals the Michelin Guide, which is favored by tourists from English-speaking countries.

 

Founded in 1999, Ctrip is the largest online Chinese travel website to be listed on NASDAQ (2003) and holds a market share of over 50 percent in China’s online travel agency market.

 

According to Ctrip, of the 6.2 million tourists from Greater China who visited Korea last year, 2.2 million did so using its services. For the company’s 300 million members, Ctrip Gourmet List has designated 15,000 restaurants in 100 major cities worldwide as recommended restaurants.

 

President Hwang Myeong-wol of Ctrip Gourmet List Korea said, “Because Ctrip Gourmet List has immense exportability in terms of tourists from Greater China, restaurants that it recommends will be able to gain much higher levels of brand recognition.”

 

Restaurants recommended by Ctrip Gourmet List have now accumulated a total of 10 million page views and attracted one million unique users. Furthermore, the brand’s official Weibo account has six million followers, while its WeChat account has 22 million.

 


 

REDTABLE CEO Doh Hae-yong said, “Once the THAAD problem is resolved, we expect a steep increase in the number of Chinese tourists coming to Korea, which will contribute to the revitalization of local businesses. We also expect that more tourists will be getting information through Ctrip Gourmet List on restaurants that are popular among Koreans, leading to an increase in the number of tourists seeking out local businesses.”

 

REDTABLE operates Korea’s largest China B2B network and is currently supplying food tourism products to major Chinese travel agencies, including Ctrip, Tuniu, Alitrip, and TongCheng, as well as to Dianping, China’s largest restaurant review website. The company has previously been selected as a “tourism venture company” by the Ministry of Culture, Sports and Tourism and an “Outstanding IT Service” and “Seoul Tourism Startup” by Seoul Metropolitan Government.

 

Chief Executive Director Kim Jong-kap of Born2Global said, “REDTABLE is rapidly expanding its business through consistent cooperation with large Chinese travel agencies. For this reason, we believe that REDTABLE will come to play a leading role in the domestic restaurant and tourism industries as well.”

 

 

 

 


 

Our member in this article

 

Description

Real menu, Easy order, Direct Payment

        

 

 

 

사진타이틀


今朝早く(原文掲載日:11月24日)、M&A の地から大きなニュースがもたらされた。

旅行検索サイト大手 Skyscanner は、

中国の大手オンライン旅行会社の一つ Ctrip(携程)に14億ポンド(約1,975億円)で買収されたことを明らかにした。


2003年、スコットランドのエジンバラで設立された Skyscanner は、そのユーザトラフィックで5,000万人のマンスリーユーザーを抱える世界最大の旅行検索エンジンの一つだ。2012年に Priceline に買収された Kayak のように同業同士による旅行検索サイトではなく、完全に独立した企業として運営されてきた。昨年末に1億2,800万ポンド(約180.5億円)を調達するまで、外部からの資金をほとんど調達していない。そしてその調達を機に、Skyscanner はいわゆるユニコーンとなり、脚光を浴びることとなった。


しかし、独立経営のまま成長を続けるために実施したと思われた調達ラウンドから時間を置かず、なぜ今、売却するのだろうか?


VentureBeat とのインタビューで Skyscanner の共同創業者で CEO の Gareth Williams 氏は、次のように語った。


"昨年末の出資によって、我々は株主に対して流動性への対策を提供しながらも、2016年にさらに成長することができた。"


昨年、巨額に及んだ調達をする前までは、Skyscanner にとって最大の投資家は、Scotish Equity Partners だった。同社は、2007年に400万ドル近い資金を Skyscanner に注入している。Sequoia Capital は2013年の第2ラウンドで、金額は開示されていないものの報道では8億ドルの企業評価額で出資している。つまり、昨年12月に実施した1億9,200万ドルの調達は成長のために確保しつつ、株主や過去に出資してくれた(かつての)株主に対して、売却や IPO をコミットしないまま現金化できるチャンスを与えるためだった、と Williams 氏は指摘したわけだ。


ここ最近、Skyscanner がイグジットを検討しているという噂が流れていたが、今日の買収のニュースに際して VentureBeat が質問したところ、Williams 氏は IPO まであとどの程度だったかについては答えなかった。しかし、彼は Ctrip から提示された買収条件から、IPO よりも売却を選ぶことにしたと示唆した。ここで最も重要になるののが、運営の独立性だ。


"Ctrip が我々に許してくれた運営の独立性とあわせて考えると、提案は極めて魅力的だった。Ctrip が Skyscanner に信じられないほどの知識をもたらしてくれることや、旅行の検索に関わる難問を解決したいという、我々と似た思いを持っていることを考えると、Skyscanner にとっては(買収されることが)自然な進展だと思えた。"(Williams 氏)


Skyscanner のようなスコットランドで生まれたスタートアップが、いかなる規模であれ、その業界に残された数少ない独立運営の企業で居続けたいと主張したことはいいことだが、何らかの形でイグジットすることは避けられなかった。しかし、最近何か経済的な理由か、あるいは、今、売却しようとの決断を早めるようなことが起こったのだろうか? これは Williams 氏からの情報ではないが、彼は長年にわたり Ctrip の経営陣と顔見知りなのだそうだ。


"私は3年以上前に、Ctrip の創業者の一人の(会長でもある)James Liang(梁建章)氏と、また、新しい CEO である Jane Sun(孫洁)氏と会っている。そのときから連絡を取り合い、Ctrip の支援を受けて、Skyscanner を将来どのように発展させるか、共通したビジョンを作り上げてきた。Ctrip との提携により、Skyscanner の旅路に新しい一歩を踏み出させてくれるだろう。金銭的な観点からだけでなく、より重要なのは、これからの世界の旅行者により大きな利益が提供できるということだ。"(Williams 氏)


<関連記事>

•中国のオンライン旅行業者大手Ctrip(携程)が、インドの同業大手MakeMyTripへ1億8,000万米ドルを出資

•中国の旅行サイトQunar(去哪)が5億米ドルを調達し、Ctrip(携程)の買収提案を拒否

•中国大手旅行予約サイトCtrip(携程)が海外旅行サイトToursForFun(途風)を1億米ドル以上で買収


アジアでの成長


実のところ、Skyscanner はアジアで成長を見せ、中国やアジアで特筆すべき提携を締結してきた。2012年には中国最大の検索エンジンである Baidu(百度)と提携し、Baidu 上での国際フライトの公式検索パートナーになった。昨年実施した巨額の資金調達では、日本のヤフーとマレーシア政府という2つの特筆すべき投資家が顔を見せた。つまり、Skyscanner にとってアジアは新しい市場ではなく、中国のメジャープレーヤーに買収されることは、買収する側とされる側の双方に利益をもたらすのだ。例えば、Skyscanner は、現在提供しているホテル予約の機能を、Ctrip が持つホテル在庫にも拡張することができるだろう。


"Ctrip の支援によって、我々の市場リーチとプロダクトを世界的に拡大することが可能になる。今後は、Ctrip が持つプロダクト投資や洞察を活用するだけでなく、Skyscanner がすでに大きな成功を見せている中国市場への理解を深め、さらなる商品供給をするようにしたい。"(Williams 氏)


Ctrip にとって今回の買収は、ヨーロッパが Skyscanner のユーザの3分の2を占めていることを考えると、大きな意味がある。Ctrip の Liang 氏は、今日の発表の中で次のように述べている。


"今回の買収は、両社にとって長期的な成長力を強化してくれるだろう。Skyscanner は世界規模で我々の位置付けを補完するものとなり、Ctrip が持つ経験・技術・予約機能を Skyscanner にも活用できるようになる。"

 

Skyscanner はまもなく——もちろん、(規制当局による)慣習的な成立条件を満たす必要はあるが——上海に本拠を置く巨大企業のものとなる。Williams 氏は、Skyscanner が生まれた地での状況を心配しているのだろうか? スコットランドやイギリスの人々は Skyscanner を誇りに思っていたが、もはやスコットランドやイギリスの会社ではなくなり、この地域で言えば、ジャガーのインターネット版のような存在にさえなり得る。


"我々は、今でも極めてイギリスの会社だ。Skyscanner はエジンバラで生まれ、オフィスはエジンバラやグラスゴーに置いたままにすることにしている。本社はエジンバラのままだし、800人いるスタッフのうち、500人以上はイギリスを拠点に活動している(そして450人以上はスコットランド拠点)。今後も、同じペースでイギリスで雇用を続ける。"(Williams 氏)


この運営の独立性こそ、Skyscanner が十年以上前の創業時から培ってきた、そして、今後も維持されることを望んだ同社の希望だった。現在の段階では、何かしらが悪化するような兆しは何一つ見当たらない。


"我々は、単に中国の企業から素晴らしい洞察と技術へのアクセスを手に入れた、というだけのことだ。これによって、この素晴らしいイギリスの会社はさらに強くなり、成功した存在へと成長できるだろう。"(Williams 氏)


【via VentureBeat】 @VentureBeat


【原文】

 

사진타이틀


今朝早く(原文掲載日:11月24日)、M&A の地から大きなニュースがもたらされた。

旅行検索サイト大手 Skyscanner は、

中国の大手オンライン旅行会社の一つ Ctrip(携程)に14億ポンド(約1,975億円)で買収されたことを明らかにした。


2003年、スコットランドのエジンバラで設立された Skyscanner は、そのユーザトラフィックで5,000万人のマンスリーユーザーを抱える世界最大の旅行検索エンジンの一つだ。2012年に Priceline に買収された Kayak のように同業同士による旅行検索サイトではなく、完全に独立した企業として運営されてきた。昨年末に1億2,800万ポンド(約180.5億円)を調達するまで、外部からの資金をほとんど調達していない。そしてその調達を機に、Skyscanner はいわゆるユニコーンとなり、脚光を浴びることとなった。


しかし、独立経営のまま成長を続けるために実施したと思われた調達ラウンドから時間を置かず、なぜ今、売却するのだろうか?


VentureBeat とのインタビューで Skyscanner の共同創業者で CEO の Gareth Williams 氏は、次のように語った。


"昨年末の出資によって、我々は株主に対して流動性への対策を提供しながらも、2016年にさらに成長することができた。"


昨年、巨額に及んだ調達をする前までは、Skyscanner にとって最大の投資家は、Scotish Equity Partners だった。同社は、2007年に400万ドル近い資金を Skyscanner に注入している。Sequoia Capital は2013年の第2ラウンドで、金額は開示されていないものの報道では8億ドルの企業評価額で出資している。つまり、昨年12月に実施した1億9,200万ドルの調達は成長のために確保しつつ、株主や過去に出資してくれた(かつての)株主に対して、売却や IPO をコミットしないまま現金化できるチャンスを与えるためだった、と Williams 氏は指摘したわけだ。


ここ最近、Skyscanner がイグジットを検討しているという噂が流れていたが、今日の買収のニュースに際して VentureBeat が質問したところ、Williams 氏は IPO まであとどの程度だったかについては答えなかった。しかし、彼は Ctrip から提示された買収条件から、IPO よりも売却を選ぶことにしたと示唆した。ここで最も重要になるののが、運営の独立性だ。


"Ctrip が我々に許してくれた運営の独立性とあわせて考えると、提案は極めて魅力的だった。Ctrip が Skyscanner に信じられないほどの知識をもたらしてくれることや、旅行の検索に関わる難問を解決したいという、我々と似た思いを持っていることを考えると、Skyscanner にとっては(買収されることが)自然な進展だと思えた。"(Williams 氏)


Skyscanner のようなスコットランドで生まれたスタートアップが、いかなる規模であれ、その業界に残された数少ない独立運営の企業で居続けたいと主張したことはいいことだが、何らかの形でイグジットすることは避けられなかった。しかし、最近何か経済的な理由か、あるいは、今、売却しようとの決断を早めるようなことが起こったのだろうか? これは Williams 氏からの情報ではないが、彼は長年にわたり Ctrip の経営陣と顔見知りなのだそうだ。


"私は3年以上前に、Ctrip の創業者の一人の(会長でもある)James Liang(梁建章)氏と、また、新しい CEO である Jane Sun(孫洁)氏と会っている。そのときから連絡を取り合い、Ctrip の支援を受けて、Skyscanner を将来どのように発展させるか、共通したビジョンを作り上げてきた。Ctrip との提携により、Skyscanner の旅路に新しい一歩を踏み出させてくれるだろう。金銭的な観点からだけでなく、より重要なのは、これからの世界の旅行者により大きな利益が提供できるということだ。"(Williams 氏)


<関連記事>

•中国のオンライン旅行業者大手Ctrip(携程)が、インドの同業大手MakeMyTripへ1億8,000万米ドルを出資

•中国の旅行サイトQunar(去哪)が5億米ドルを調達し、Ctrip(携程)の買収提案を拒否

•中国大手旅行予約サイトCtrip(携程)が海外旅行サイトToursForFun(途風)を1億米ドル以上で買収


アジアでの成長


実のところ、Skyscanner はアジアで成長を見せ、中国やアジアで特筆すべき提携を締結してきた。2012年には中国最大の検索エンジンである Baidu(百度)と提携し、Baidu 上での国際フライトの公式検索パートナーになった。昨年実施した巨額の資金調達では、日本のヤフーとマレーシア政府という2つの特筆すべき投資家が顔を見せた。つまり、Skyscanner にとってアジアは新しい市場ではなく、中国のメジャープレーヤーに買収されることは、買収する側とされる側の双方に利益をもたらすのだ。例えば、Skyscanner は、現在提供しているホテル予約の機能を、Ctrip が持つホテル在庫にも拡張することができるだろう。


"Ctrip の支援によって、我々の市場リーチとプロダクトを世界的に拡大することが可能になる。今後は、Ctrip が持つプロダクト投資や洞察を活用するだけでなく、Skyscanner がすでに大きな成功を見せている中国市場への理解を深め、さらなる商品供給をするようにしたい。"(Williams 氏)


Ctrip にとって今回の買収は、ヨーロッパが Skyscanner のユーザの3分の2を占めていることを考えると、大きな意味がある。Ctrip の Liang 氏は、今日の発表の中で次のように述べている。


"今回の買収は、両社にとって長期的な成長力を強化してくれるだろう。Skyscanner は世界規模で我々の位置付けを補完するものとなり、Ctrip が持つ経験・技術・予約機能を Skyscanner にも活用できるようになる。"

 

Skyscanner はまもなく——もちろん、(規制当局による)慣習的な成立条件を満たす必要はあるが——上海に本拠を置く巨大企業のものとなる。Williams 氏は、Skyscanner が生まれた地での状況を心配しているのだろうか? スコットランドやイギリスの人々は Skyscanner を誇りに思っていたが、もはやスコットランドやイギリスの会社ではなくなり、この地域で言えば、ジャガーのインターネット版のような存在にさえなり得る。


"我々は、今でも極めてイギリスの会社だ。Skyscanner はエジンバラで生まれ、オフィスはエジンバラやグラスゴーに置いたままにすることにしている。本社はエジンバラのままだし、800人いるスタッフのうち、500人以上はイギリスを拠点に活動している(そして450人以上はスコットランド拠点)。今後も、同じペースでイギリスで雇用を続ける。"(Williams 氏)


この運営の独立性こそ、Skyscanner が十年以上前の創業時から培ってきた、そして、今後も維持されることを望んだ同社の希望だった。現在の段階では、何かしらが悪化するような兆しは何一つ見当たらない。


"我々は、単に中国の企業から素晴らしい洞察と技術へのアクセスを手に入れた、というだけのことだ。これによって、この素晴らしいイギリスの会社はさらに強くなり、成功した存在へと成長できるだろう。"(Williams 氏)


【via VentureBeat】 @VentureBeat


【原文】

 

사진타이틀


今朝早く(原文掲載日:11月24日)、M&A の地から大きなニュースがもたらされた。

旅行検索サイト大手 Skyscanner は、

中国の大手オンライン旅行会社の一つ Ctrip(携程)に14億ポンド(約1,975億円)で買収されたことを明らかにした。


2003年、スコットランドのエジンバラで設立された Skyscanner は、そのユーザトラフィックで5,000万人のマンスリーユーザーを抱える世界最大の旅行検索エンジンの一つだ。2012年に Priceline に買収された Kayak のように同業同士による旅行検索サイトではなく、完全に独立した企業として運営されてきた。昨年末に1億2,800万ポンド(約180.5億円)を調達するまで、外部からの資金をほとんど調達していない。そしてその調達を機に、Skyscanner はいわゆるユニコーンとなり、脚光を浴びることとなった。


しかし、独立経営のまま成長を続けるために実施したと思われた調達ラウンドから時間を置かず、なぜ今、売却するのだろうか?


VentureBeat とのインタビューで Skyscanner の共同創業者で CEO の Gareth Williams 氏は、次のように語った。


"昨年末の出資によって、我々は株主に対して流動性への対策を提供しながらも、2016年にさらに成長することができた。"


昨年、巨額に及んだ調達をする前までは、Skyscanner にとって最大の投資家は、Scotish Equity Partners だった。同社は、2007年に400万ドル近い資金を Skyscanner に注入している。Sequoia Capital は2013年の第2ラウンドで、金額は開示されていないものの報道では8億ドルの企業評価額で出資している。つまり、昨年12月に実施した1億9,200万ドルの調達は成長のために確保しつつ、株主や過去に出資してくれた(かつての)株主に対して、売却や IPO をコミットしないまま現金化できるチャンスを与えるためだった、と Williams 氏は指摘したわけだ。


ここ最近、Skyscanner がイグジットを検討しているという噂が流れていたが、今日の買収のニュースに際して VentureBeat が質問したところ、Williams 氏は IPO まであとどの程度だったかについては答えなかった。しかし、彼は Ctrip から提示された買収条件から、IPO よりも売却を選ぶことにしたと示唆した。ここで最も重要になるののが、運営の独立性だ。


"Ctrip が我々に許してくれた運営の独立性とあわせて考えると、提案は極めて魅力的だった。Ctrip が Skyscanner に信じられないほどの知識をもたらしてくれることや、旅行の検索に関わる難問を解決したいという、我々と似た思いを持っていることを考えると、Skyscanner にとっては(買収されることが)自然な進展だと思えた。"(Williams 氏)


Skyscanner のようなスコットランドで生まれたスタートアップが、いかなる規模であれ、その業界に残された数少ない独立運営の企業で居続けたいと主張したことはいいことだが、何らかの形でイグジットすることは避けられなかった。しかし、最近何か経済的な理由か、あるいは、今、売却しようとの決断を早めるようなことが起こったのだろうか? これは Williams 氏からの情報ではないが、彼は長年にわたり Ctrip の経営陣と顔見知りなのだそうだ。


"私は3年以上前に、Ctrip の創業者の一人の(会長でもある)James Liang(梁建章)氏と、また、新しい CEO である Jane Sun(孫洁)氏と会っている。そのときから連絡を取り合い、Ctrip の支援を受けて、Skyscanner を将来どのように発展させるか、共通したビジョンを作り上げてきた。Ctrip との提携により、Skyscanner の旅路に新しい一歩を踏み出させてくれるだろう。金銭的な観点からだけでなく、より重要なのは、これからの世界の旅行者により大きな利益が提供できるということだ。"(Williams 氏)


<関連記事>

•中国のオンライン旅行業者大手Ctrip(携程)が、インドの同業大手MakeMyTripへ1億8,000万米ドルを出資

•中国の旅行サイトQunar(去哪)が5億米ドルを調達し、Ctrip(携程)の買収提案を拒否

•中国大手旅行予約サイトCtrip(携程)が海外旅行サイトToursForFun(途風)を1億米ドル以上で買収


アジアでの成長


実のところ、Skyscanner はアジアで成長を見せ、中国やアジアで特筆すべき提携を締結してきた。2012年には中国最大の検索エンジンである Baidu(百度)と提携し、Baidu 上での国際フライトの公式検索パートナーになった。昨年実施した巨額の資金調達では、日本のヤフーとマレーシア政府という2つの特筆すべき投資家が顔を見せた。つまり、Skyscanner にとってアジアは新しい市場ではなく、中国のメジャープレーヤーに買収されることは、買収する側とされる側の双方に利益をもたらすのだ。例えば、Skyscanner は、現在提供しているホテル予約の機能を、Ctrip が持つホテル在庫にも拡張することができるだろう。


"Ctrip の支援によって、我々の市場リーチとプロダクトを世界的に拡大することが可能になる。今後は、Ctrip が持つプロダクト投資や洞察を活用するだけでなく、Skyscanner がすでに大きな成功を見せている中国市場への理解を深め、さらなる商品供給をするようにしたい。"(Williams 氏)


Ctrip にとって今回の買収は、ヨーロッパが Skyscanner のユーザの3分の2を占めていることを考えると、大きな意味がある。Ctrip の Liang 氏は、今日の発表の中で次のように述べている。


"今回の買収は、両社にとって長期的な成長力を強化してくれるだろう。Skyscanner は世界規模で我々の位置付けを補完するものとなり、Ctrip が持つ経験・技術・予約機能を Skyscanner にも活用できるようになる。"

 

Skyscanner はまもなく——もちろん、(規制当局による)慣習的な成立条件を満たす必要はあるが——上海に本拠を置く巨大企業のものとなる。Williams 氏は、Skyscanner が生まれた地での状況を心配しているのだろうか? スコットランドやイギリスの人々は Skyscanner を誇りに思っていたが、もはやスコットランドやイギリスの会社ではなくなり、この地域で言えば、ジャガーのインターネット版のような存在にさえなり得る。


"我々は、今でも極めてイギリスの会社だ。Skyscanner はエジンバラで生まれ、オフィスはエジンバラやグラスゴーに置いたままにすることにしている。本社はエジンバラのままだし、800人いるスタッフのうち、500人以上はイギリスを拠点に活動している(そして450人以上はスコットランド拠点)。今後も、同じペースでイギリスで雇用を続ける。"(Williams 氏)


この運営の独立性こそ、Skyscanner が十年以上前の創業時から培ってきた、そして、今後も維持されることを望んだ同社の希望だった。現在の段階では、何かしらが悪化するような兆しは何一つ見当たらない。


"我々は、単に中国の企業から素晴らしい洞察と技術へのアクセスを手に入れた、というだけのことだ。これによって、この素晴らしいイギリスの会社はさらに強くなり、成功した存在へと成長できるだろう。"(Williams 氏)


【via VentureBeat】 @VentureBeat


【原文】

 

Image Credit: REDTABLE

 

This is the sixth post in our series: Discover Korea’s Tech, 

where we will talk to a mix of Korean startup entrepreneurs 

who stood their own ground with their technology, 

in Korea’s economy notoriously dominated by gigantic companies. 

Stay tuned over the coming month as we talk to Korean entrepreneurs. 

You can follow our updates @technodechina for new stories in the series. 

 

Eating can sometimes prove to be the biggest adventure when travelling abroad. 

Each time you order, after examining an inscrutable menu 

with no pictures to guide you, 

it’s anyone’s guess what will actually come out, 

leading to some awkward and frustrating moments.

 

REDTABLE wants to leverage big data to lessen friction 

when ordering food in a foreign country.

“There are half a million restaurants in South Korea, 

but it’s not easy to integrate these restaurants on mobile,” 

CEO of REDTABLE, Haeyong Do says.

 

For foreign travelers visiting local restaurants, 

REDTABLE aims to provide a translated menu on the mobile, 

so that they can order the menu and pay using their phones. 

Currently, franchise companies targeting overseas markets are using REDTABLE’s solution 

to translate their menu.

 

REDTABLE came up with an algorithm 

that analyzes Food and Beverage big data to compare the restaurants. 

It also rates the best restaurant in the category 

by analyzing the vocabulary used in restaurant reviews on blogs and social media.

 

The app currently supports four languages: English, Chinese, Korean, and Japanese. 

The half of its app users are Chinese outbound travelers visiting Seoul.

 

“There’s demand from the either sides, both Korea and China. 

China sees increased outbound travelers, 

and Chinese companies want to find ways to make them use their platform, 

and Korean companies want to find ways 

to tract new Chinese customers to their service,” Mr. Do says.

 

REDTABLE is working as a bridge to connect the two sides 

by providing top local restaurant lists in Korea to Chinese services. 

Chinese customers can still use their local services 

like Ctrip, Tuniu, LY.com and Alitrip and Dianping in Korea to find fair restaurants. 

REDTABLE app is connected to Alipay and WeChat payment, 

which allows customers to pay via mobile on its app or on Dazhong Dianping. 

Once the order is made, they share the commission with the Korean company.

 

Founded in 2011 by students majoring in hotel managements,

the company is expanding into China market. 

The total sales volume is expected to reach 300 million KRW ($255,000 USD) this year.

 

REDTABLE is supported by K-ICT Born2Global Center

a major Korean government agency under the Ministry of Science, 

ICT and Future Planning (MSIP).

 


http://technode.com/2016/11/24/redtable-uses-big-data-to-demystify-foreign-menus/

 

 

Image Credit: REDTABLE

 

This is the sixth post in our series: Discover Korea’s Tech, 

where we will talk to a mix of Korean startup entrepreneurs 

who stood their own ground with their technology, 

in Korea’s economy notoriously dominated by gigantic companies. 

Stay tuned over the coming month as we talk to Korean entrepreneurs. 

You can follow our updates @technodechina for new stories in the series. 

 

Eating can sometimes prove to be the biggest adventure when travelling abroad. 

Each time you order, after examining an inscrutable menu 

with no pictures to guide you, 

it’s anyone’s guess what will actually come out, 

leading to some awkward and frustrating moments.

 

REDTABLE wants to leverage big data to lessen friction 

when ordering food in a foreign country.

“There are half a million restaurants in South Korea, 

but it’s not easy to integrate these restaurants on mobile,” 

CEO of REDTABLE, Haeyong Do says.

 

For foreign travelers visiting local restaurants, 

REDTABLE aims to provide a translated menu on the mobile, 

so that they can order the menu and pay using their phones. 

Currently, franchise companies targeting overseas markets are using REDTABLE’s solution 

to translate their menu.

 

REDTABLE came up with an algorithm 

that analyzes Food and Beverage big data to compare the restaurants. 

It also rates the best restaurant in the category 

by analyzing the vocabulary used in restaurant reviews on blogs and social media.

 

The app currently supports four languages: English, Chinese, Korean, and Japanese. 

The half of its app users are Chinese outbound travelers visiting Seoul.

 

“There’s demand from the either sides, both Korea and China. 

China sees increased outbound travelers, 

and Chinese companies want to find ways to make them use their platform, 

and Korean companies want to find ways 

to tract new Chinese customers to their service,” Mr. Do says.

 

REDTABLE is working as a bridge to connect the two sides 

by providing top local restaurant lists in Korea to Chinese services. 

Chinese customers can still use their local services 

like Ctrip, Tuniu, LY.com and Alitrip and Dianping in Korea to find fair restaurants. 

REDTABLE app is connected to Alipay and WeChat payment, 

which allows customers to pay via mobile on its app or on Dazhong Dianping. 

Once the order is made, they share the commission with the Korean company.

 

Founded in 2011 by students majoring in hotel managements,

the company is expanding into China market. 

The total sales volume is expected to reach 300 million KRW ($255,000 USD) this year.

 

REDTABLE is supported by K-ICT Born2Global Center

a major Korean government agency under the Ministry of Science, 

ICT and Future Planning (MSIP).

 


http://technode.com/2016/11/24/redtable-uses-big-data-to-demystify-foreign-menus/

 

 

Image Credit: REDTABLE

 

This is the sixth post in our series: Discover Korea’s Tech, 

where we will talk to a mix of Korean startup entrepreneurs 

who stood their own ground with their technology, 

in Korea’s economy notoriously dominated by gigantic companies. 

Stay tuned over the coming month as we talk to Korean entrepreneurs. 

You can follow our updates @technodechina for new stories in the series. 

 

Eating can sometimes prove to be the biggest adventure when travelling abroad. 

Each time you order, after examining an inscrutable menu 

with no pictures to guide you, 

it’s anyone’s guess what will actually come out, 

leading to some awkward and frustrating moments.

 

REDTABLE wants to leverage big data to lessen friction 

when ordering food in a foreign country.

“There are half a million restaurants in South Korea, 

but it’s not easy to integrate these restaurants on mobile,” 

CEO of REDTABLE, Haeyong Do says.

 

For foreign travelers visiting local restaurants, 

REDTABLE aims to provide a translated menu on the mobile, 

so that they can order the menu and pay using their phones. 

Currently, franchise companies targeting overseas markets are using REDTABLE’s solution 

to translate their menu.

 

REDTABLE came up with an algorithm 

that analyzes Food and Beverage big data to compare the restaurants. 

It also rates the best restaurant in the category 

by analyzing the vocabulary used in restaurant reviews on blogs and social media.

 

The app currently supports four languages: English, Chinese, Korean, and Japanese. 

The half of its app users are Chinese outbound travelers visiting Seoul.

 

“There’s demand from the either sides, both Korea and China. 

China sees increased outbound travelers, 

and Chinese companies want to find ways to make them use their platform, 

and Korean companies want to find ways 

to tract new Chinese customers to their service,” Mr. Do says.

 

REDTABLE is working as a bridge to connect the two sides 

by providing top local restaurant lists in Korea to Chinese services. 

Chinese customers can still use their local services 

like Ctrip, Tuniu, LY.com and Alitrip and Dianping in Korea to find fair restaurants. 

REDTABLE app is connected to Alipay and WeChat payment, 

which allows customers to pay via mobile on its app or on Dazhong Dianping. 

Once the order is made, they share the commission with the Korean company.

 

Founded in 2011 by students majoring in hotel managements,

the company is expanding into China market. 

The total sales volume is expected to reach 300 million KRW ($255,000 USD) this year.

 

REDTABLE is supported by K-ICT Born2Global Center

a major Korean government agency under the Ministry of Science, 

ICT and Future Planning (MSIP).

 


http://technode.com/2016/11/24/redtable-uses-big-data-to-demystify-foreign-menus/

 

 

Newsletter Sign Up

By clicking "submit," you agree to receive emails from Bron2Global and accept our web terms of use and privacy and cookie policy*Terms apply.