Image credit: Twinword

 

This is the ninth post in our series: Discover Korea’s Tech, 

where we will talk to a mix of Korean startup entrepreneurs who stood their own ground with their technology, 

in Korea’s economy notoriously dominated by gigantic companies. 

Stay tuned over the coming month as we talk to Korean entrepreneurs. 

You can follow our updates @technodechina for new stories in the series.

 

Entering a new market, especially one with a different language than yours, is not easy. 

All of your content needs to be expressed as naturally as possible. 

Finding the right words and expressions to accurately delivery your brand’s image and message is no easy task. 

Indeed, no matter how much time is put into crafting your content, 

fatal mistakes with awkward or incorrect translations are difficult to avoid.

 

That is exactly the challenge that Twinword hopes to solve 

by using natural language processing to make optimal language choices.

 

Since much of the Internet is based around search engine discovery, 

getting your keyword right is hugely important. 

Founded in 2012, Twinword combines data science 

and SEO/keyword research to deliver high quality keyword results for any business 

by extracting word associations and word relationships.

 

In the beginning of November, they released a new product called Twinword.Ideas.

 

“For those working in marketing industry in US are very keen to find relevant keywords 

and have had to pay a huge cost to advertisement companies for this role. 

Now, they can use Twinword.Ideas for that.” says Kono Kim, 

the founder of Twinword and a PhD candidate in natural language processing. 

On the other hand, Twinword also helps Korean and Chinese companies struggling to grab US consumers.

 

It is important to note that Twinword.Ideas is not merely a tool providing keywords.

 

“There already are a lot of startups providing similar service 

and Google Keyword Planner is doing this even for free”, says Kono.

 

Although these normal keyword research tools provides you 

with a long list of supposedly relevant keywords. 

But, this list is calculated purely from big data, 

it is very raw, leaving users to actually check one by one for relevance.

 

“Our technology provides other ways to play with that list.

We do this through a technology called semantic sourcing 

which basically reprioritizes the order of words. 

We let the users catch the words that more specifically fits their demand and intent”, Kono said.

 

There are two different features to realize this goal. 

The first one is User Intent; this filters keywords by the intent users have when searching between Know, Do, Buy, Local, and Web. 

For example, if the user chose ‘Buy’, 

only transaction-related keywords and buying-behavior related keywords will show up.

 

Another feature is Target Relevance. 

By freely entering the important element in keywords, 

the order of words changes to be more relevant. 

So, if I write ‘price’, then words that are related to price are put in higher ranks.

 

Considering that it has only been three weeks since Twinword.Ideas launched, 

it is impressive that Twinword.Ideas has been achieving more than 5 percent increase 

every week regarding user acquisition and traffic. 

And they have already established partnerships 

with US ad management solution platforms to integrate Twinword.Ideas keyword research tool.

 

“We are also close to partnering with SEO service platforms specialized in Chinese. 

So, in the future, as our existing clients want to expand their service to Chinese websites, 

we will be ready to provide that service as well”, says Kono. 

“Our goal is to assist companies in better understanding their consumers. 

We set up keyword strategy, utilize keywords on contents, validate traffic and results, and then at last, verify 

which keyword actually attracted their potential customers. It is a comprehensive cycle that we manage.”

 

Twinword is supported by K-ICT Born2Global Center

a major Korean government agency under the Ministry of Science, 

ICT and Future Planning (MSIP).



http://technode.com/2016/11/28/this-company-uses-nlp-to-find-the-right-keyword/



 

Image credit: Twinword

 

This is the ninth post in our series: Discover Korea’s Tech, 

where we will talk to a mix of Korean startup entrepreneurs who stood their own ground with their technology, 

in Korea’s economy notoriously dominated by gigantic companies. 

Stay tuned over the coming month as we talk to Korean entrepreneurs. 

You can follow our updates @technodechina for new stories in the series.

 

Entering a new market, especially one with a different language than yours, is not easy. 

All of your content needs to be expressed as naturally as possible. 

Finding the right words and expressions to accurately delivery your brand’s image and message is no easy task. 

Indeed, no matter how much time is put into crafting your content, 

fatal mistakes with awkward or incorrect translations are difficult to avoid.

 

That is exactly the challenge that Twinword hopes to solve 

by using natural language processing to make optimal language choices.

 

Since much of the Internet is based around search engine discovery, 

getting your keyword right is hugely important. 

Founded in 2012, Twinword combines data science 

and SEO/keyword research to deliver high quality keyword results for any business 

by extracting word associations and word relationships.

 

In the beginning of November, they released a new product called Twinword.Ideas.

 

“For those working in marketing industry in US are very keen to find relevant keywords 

and have had to pay a huge cost to advertisement companies for this role. 

Now, they can use Twinword.Ideas for that.” says Kono Kim, 

the founder of Twinword and a PhD candidate in natural language processing. 

On the other hand, Twinword also helps Korean and Chinese companies struggling to grab US consumers.

 

It is important to note that Twinword.Ideas is not merely a tool providing keywords.

 

“There already are a lot of startups providing similar service 

and Google Keyword Planner is doing this even for free”, says Kono.

 

Although these normal keyword research tools provides you 

with a long list of supposedly relevant keywords. 

But, this list is calculated purely from big data, 

it is very raw, leaving users to actually check one by one for relevance.

 

“Our technology provides other ways to play with that list.

We do this through a technology called semantic sourcing 

which basically reprioritizes the order of words. 

We let the users catch the words that more specifically fits their demand and intent”, Kono said.

 

There are two different features to realize this goal. 

The first one is User Intent; this filters keywords by the intent users have when searching between Know, Do, Buy, Local, and Web. 

For example, if the user chose ‘Buy’, 

only transaction-related keywords and buying-behavior related keywords will show up.

 

Another feature is Target Relevance. 

By freely entering the important element in keywords, 

the order of words changes to be more relevant. 

So, if I write ‘price’, then words that are related to price are put in higher ranks.

 

Considering that it has only been three weeks since Twinword.Ideas launched, 

it is impressive that Twinword.Ideas has been achieving more than 5 percent increase 

every week regarding user acquisition and traffic. 

And they have already established partnerships 

with US ad management solution platforms to integrate Twinword.Ideas keyword research tool.

 

“We are also close to partnering with SEO service platforms specialized in Chinese. 

So, in the future, as our existing clients want to expand their service to Chinese websites, 

we will be ready to provide that service as well”, says Kono. 

“Our goal is to assist companies in better understanding their consumers. 

We set up keyword strategy, utilize keywords on contents, validate traffic and results, and then at last, verify 

which keyword actually attracted their potential customers. It is a comprehensive cycle that we manage.”

 

Twinword is supported by K-ICT Born2Global Center

a major Korean government agency under the Ministry of Science, 

ICT and Future Planning (MSIP).



http://technode.com/2016/11/28/this-company-uses-nlp-to-find-the-right-keyword/



 

Image credit: Twinword

 

This is the ninth post in our series: Discover Korea’s Tech, 

where we will talk to a mix of Korean startup entrepreneurs who stood their own ground with their technology, 

in Korea’s economy notoriously dominated by gigantic companies. 

Stay tuned over the coming month as we talk to Korean entrepreneurs. 

You can follow our updates @technodechina for new stories in the series.

 

Entering a new market, especially one with a different language than yours, is not easy. 

All of your content needs to be expressed as naturally as possible. 

Finding the right words and expressions to accurately delivery your brand’s image and message is no easy task. 

Indeed, no matter how much time is put into crafting your content, 

fatal mistakes with awkward or incorrect translations are difficult to avoid.

 

That is exactly the challenge that Twinword hopes to solve 

by using natural language processing to make optimal language choices.

 

Since much of the Internet is based around search engine discovery, 

getting your keyword right is hugely important. 

Founded in 2012, Twinword combines data science 

and SEO/keyword research to deliver high quality keyword results for any business 

by extracting word associations and word relationships.

 

In the beginning of November, they released a new product called Twinword.Ideas.

 

“For those working in marketing industry in US are very keen to find relevant keywords 

and have had to pay a huge cost to advertisement companies for this role. 

Now, they can use Twinword.Ideas for that.” says Kono Kim, 

the founder of Twinword and a PhD candidate in natural language processing. 

On the other hand, Twinword also helps Korean and Chinese companies struggling to grab US consumers.

 

It is important to note that Twinword.Ideas is not merely a tool providing keywords.

 

“There already are a lot of startups providing similar service 

and Google Keyword Planner is doing this even for free”, says Kono.

 

Although these normal keyword research tools provides you 

with a long list of supposedly relevant keywords. 

But, this list is calculated purely from big data, 

it is very raw, leaving users to actually check one by one for relevance.

 

“Our technology provides other ways to play with that list.

We do this through a technology called semantic sourcing 

which basically reprioritizes the order of words. 

We let the users catch the words that more specifically fits their demand and intent”, Kono said.

 

There are two different features to realize this goal. 

The first one is User Intent; this filters keywords by the intent users have when searching between Know, Do, Buy, Local, and Web. 

For example, if the user chose ‘Buy’, 

only transaction-related keywords and buying-behavior related keywords will show up.

 

Another feature is Target Relevance. 

By freely entering the important element in keywords, 

the order of words changes to be more relevant. 

So, if I write ‘price’, then words that are related to price are put in higher ranks.

 

Considering that it has only been three weeks since Twinword.Ideas launched, 

it is impressive that Twinword.Ideas has been achieving more than 5 percent increase 

every week regarding user acquisition and traffic. 

And they have already established partnerships 

with US ad management solution platforms to integrate Twinword.Ideas keyword research tool.

 

“We are also close to partnering with SEO service platforms specialized in Chinese. 

So, in the future, as our existing clients want to expand their service to Chinese websites, 

we will be ready to provide that service as well”, says Kono. 

“Our goal is to assist companies in better understanding their consumers. 

We set up keyword strategy, utilize keywords on contents, validate traffic and results, and then at last, verify 

which keyword actually attracted their potential customers. It is a comprehensive cycle that we manage.”

 

Twinword is supported by K-ICT Born2Global Center

a major Korean government agency under the Ministry of Science, 

ICT and Future Planning (MSIP).



http://technode.com/2016/11/28/this-company-uses-nlp-to-find-the-right-keyword/



 

今回の投稿は、

本シリーズ 「Discover Korea's Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第5弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。


人工知能(AI)が消費者市場でますますトラクションを獲得しつつある中、

国では今年初めにすでにホームロボットが何種類か登場した。

そして今、韓国を拠点とする Innovative Play Lab(아이피엘) が、

強力な AI のおかげで他社を超える知能をもつロボットを開発したという。


IPL 独自開発した AI を搭載した iJINi 声や顔を認識できる。

10年におよびロボット開発に従事している IPL の設立者兼 CEO Kyungwook Kim(김경욱)氏は、

ハードウェアインターフェースはまもなくタッチ操作ではな

く音声認識に基づくものになるだろうと考えている。


iJINi は、対面式の通話や不在時の家の監視が可能だ。

また赤ちゃんの寝返りを認識したり泣いた時に両親に通知したりと、

赤ちゃんの世話を手伝うこともできる。

ペアリングしたモバイルアプリに接続し、データはすべてクラウドで処理される。

20167月には、プロダクトデザイン部門でレッド・ドット賞を獲得している。


     

iJINiはバッテリー残量が少なくなるとチャージ・ステーションに戻ってくる
Image Credit: IPL


IPL は先週(11月第3週)、

国を拠点とする ROOBO との160億韓国ウォン(1,340万米ドル)相当の販売契約を発表した。

ROOBO は以前、IPL 対して220万米ドルの投資を行っている。


IPL がロボットシステムの設計と開発を担当し、

ROOBO がロボットの販売と中国国内における AI サービスを担当する。

ROOBO はまた、iJINi への O2O サービスの接続も予定しており、

所有者は iJINi 経由で食べ物を注文したりタクシーを呼んだりすることができるようになる。

同ロボットは来年初頭までに中国、タイ、韓国で発売される予定だ。


関連記事>

 

IPL は、ロボティクス向けに最適化された Android バージョンを開発した。

ロボティクスの開発者向けにツールセットを提供し、

ロボットに加えコンテンツの開発を助けることが目的だ。

IPL によると、このロボティクス API 発ツールは近くローンチ予定だという。

最終的に目指すのは、ロボット向けコンテンツエコシステムを提供するプラットフォームを構築することにある。


iJINi の主な競合は、アメリカ発の Jibo と、

フランスの Blue Frog Robotics が開発した家族向けのコンパニオンロボット Buddy だ。


だが IPL は、同社のクラウド AI がもつ適応性と拡張性で競争優位を確立できると見込んでいる。


“AI ロボットは、AI クラウドと、

提供するサービスと互換性があるハードウェアプラットフォームを必要とします。

弊社プラットフォームは他の AI プラットフォームと互換性があります。”(Kim 氏)


ソーシャルロボットを専門とする同社は家電市場をターゲットとし、

スマートホームロボットの構築を目指している。


“今のところ、人々はロボティクスの必要性をあまり感じていません。

だからこそ家電市場をターゲットとしているのです。

弊社は音声インターフェースを利用して情報をロボットに伝達したいと考えています。

ロボットを他の IoT とつなぎ、ユーザが他の家電を音声で管理できるようにすることを目指しています。”(Kim 氏)


IPL は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。



 

 

via Technode @technodechina


【原文】


    http://thebridge.jp/2016/12/meet-ai-pet-robot-responds-voice

Image Credit: VisualCamp

 

 

今回の投稿は、本シリーズ「Discover Korea’s Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第4弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。

 

バーチャルリアリティ(VR)をめぐる最大の論点は、

この技術でいかにしてマネタイズするかということだ。

VR 広告は VR コンテンツをマネタイズする一つの方法とみられているが、

広告で視聴者からのトラクションを引き出せるかは不透明である。

韓国を拠点とする VisualCamp(비주얼캠프 ) は、

VR 広告の効果計測を求める広告主向けソリューションを提供している。

同社は VR でユーザが目を向けたときに信号を入力できるテクノロジーを開発した。

 

VisualCamp の共同設立者兼 CEO の Charles Seok(석윤찬)氏はこう話している。

 

"当然ですが、VR 広告ビジネスの話をする前に、

まず前提として VR コンテンツビジネスが軌道に乗らなくてはいけません。

VR 広告は、VR コンテンツブームがあってこそのものです。

視線追跡テクノロジーがあれば、VR 広告市場がもっと身近なものになるでしょう。"

 

同社の主な競合企業には、日本を拠点とする Fove、EyeTribe、EyeFluence、

SMI などがある。視線追跡企業の EyeFluence は先月 Google に買収された。

Charles 氏はそのほか、視線追跡他社は高価格ゆえにい 

まだ普及が見込めない PC ベースの VR ヘッドセットに注力しているという。

VisualCamp では、Android やオールインワンをサポートしているモバイルベースの VR ヘッドセットに対応しているため、

同社のテクノロジーは料金が手頃で手に入れやすい。

Charles 氏は、「CPU 占有率が10%以下の視線追跡アルゴリズムを開発しました」と述べている。

 

Charles 氏は続けてこう述べている。

 

"VR 広告市場が成長するのはモバイルベースの VR 分野でしょう。

スマートフォン対応の VR ヘッドセットは顧客から見てお手頃で、

たくさんの有料広告が得られるからです。

これに対し PC ベースの VR HMD は今でも非常に高価なので、

PC 対応の VR ヘッドセット市場の発展は遅れるでしょう。"

 

 


 

 

様々なセクターで採用されている視線追跡テクノロジー

 

 

Charles 氏は次のように話している。

 

"コマースセクターでは、

当社の視線追跡テクノロジーを活用して視聴者が 3D ショッピングモールで品物を購入したかどうかを広告主が把握できます。

例えば、360度動画でブランド製品が用いられる際、異なるシーンでブランド広告効果が計測できるのです。"

 

現時点での見通しでは75%の正確度だが、

テクノロジーの開発によりこれを90%まで高められるとみている。 

また、視線解析を活用することで、

視聴者がその広告を魅力的と感じたかどうかも判別できるという。

 

"例えば Alibaba の BUY+のような VR コマースが実現すると、

視線追跡テクノロジーによる購入コンバージョン率の向上にもつながります。

ユーザの購買可能性が高いようならクーポンを配信する、

ということができるのです。(Charles 氏)"

 

このテクノロジーはこれ以外にも、ゲーム、教育、360度動画、広告、

調査など様々なセクターで応用できる可能性がある。

 

"視線解析を活用すれば、ポーカーの場合、

隣のプレーヤーがプロかどうかがわかるでしょう。

教育セクターでは、その人が文字を読めるかどうかがわかるでしょう。(Charles 氏)"

 

VisualCamp は中国の VR 企業 Nibiru(睿悦) と協業している。

Nibiru は南京を拠点とし、

2K の VR ヘッドセットソリューションを開発して中国でビジネス展開している。

競合の Fove は昨年、Samsung Ventures から資金調達を受けた。

 

"中国では、ソフトウェア、ハードウェアなどあらゆる VR の構成要素が前進しています。

一方、韓国には強力なコンテンツとテクノロジーはあるのですが、

消費者や企業の VR 採用ペースはまだ緩慢です。(Charles 氏)"

 

VisualCamp は昨年、 

Red Herring によりアジアで最もイノベーティブなテクノロジースタートアップ上位100社に選ばれた。

同社は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。

 

【via Technode】 @technodechina

 

【原文】

 

http://thebridge.jp/2016/11/discover-koreas-tech-visualcamp-eye-tracking-company-for-vr-ads-monetization

Image Credit: GSiL

 

 

今回の投稿は、本シリーズ「Discover Korea’s Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第8弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。

 

韓国セウォル号転覆事故では、304人もの命が失われた。

その後、この国では、あらゆるセクターや業界で安全に対する注意喚起がなされるようになった。

中国でもここ数十年、工場での爆発事故や土砂崩れなど多くの労働災害が発生している。

しかし、残念なことに安全管理者は現場を単なる形式的なものとしてとらえる傾向があり、

その結果、事故、負傷、災害が発生してしまう。

 

Great Safety Information Laboratory(GSiL)はこの問題を、

AIで動く安全管理システムを装備させることで解決しようとしている。

 

同社 CEO の Elisha Lee(이정우)氏は TechNode に対しこのように話している。

 

"安全関連のセクターには複数のスタートアップが存在します。しかし、

異なる状況それぞれにカスタマイズされたソリューションを提供するのは困難でした。"

 

事故防止のために GSiL は環境センサー・機器から何万というデータポイントを収集している。

NFC タグを使用して作業員の位置をモニターし、

設備状況をチェックできる AI で動作するリスク測定、安全システムを開発した。

これにより無線インターネットが建設現場やトンネルで機能することができる。

 

GSiL が他の安全ソリューションと違うのは、建設現場の規模に応じたハイレベルなカスタマイズ仕様である。

 

例えば作業員がトンネルを掘る場合、安全管理者は誰がこの作業を担当しているかを把握できる。

GSiL はトンネルの上部にアンテナ、トンネル内に無線 CCTV カメラを設置している。

また、トンネル内の作業でどこに大きな機器や作業員が存在し、どのような作業がなされているのかがわかる。

同社はヘルメットにセンサーを内蔵させることで、作業員が転倒した際にサーバに通知されるようにしている。

しかも作業員が負傷したり別の事故に巻き込まれたりした場合、黄色のマークで表示される。

 

Lee 氏は次のように述べている。

 

"小規模の建設現場の場合、大規模現場に比べて事故が多くなっています。

安全管理者を配置する必要がないからです。 

安全基準を簡単に逸脱してしまうので、事故の起きる確率が高くなるのです。"

 

中国信息通信研究院(CAICT)のデータによると、

中国は2015年末までに総額2,600億米ドルもの金額をスマートシティに投資してきた。

スマートシティのプランナーは安全、公共エネルギー、住民への影響に気を配っている。

GSiL の狙いは、スマートシティを推進している中国の小規模自治体に安全ソリューションを提供することだ。

 

同社はそのほか、事故発生後の調査作業の重要性も認識している。

 

Lee 氏はこう話している。

 

"事故発生時、救急隊員はその事故の場所が化学工場なのかどうか、

建設現場の場合なら作業員は300人なのか20人なのかを知る必要があります。

当社では救急隊用のアシスタンスガイドラインを設けましたので、

事故の規模に応じた救急体制を敷くことができるようになるのです。"

 

主な競合は安全性を専門とするノルウェー拠点のコンサルティング企業 DNVGL だ。

GSiL はまだ国外顧客を獲得していないが、鉄道関係企業や消防署とは提携できる可能性があるとコメントしている。

GSiL はこれまでに4億ウォン(34万米ドル)のシード資金を BigBang Angels から調達した。

 

GSiL は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。

 

 

 

【via Technode】 @technodechina

 

【原文】

 

http://thebridge.jp/2016/11/ai-company-wants-prevent-accidents-construction-sites

今回の投稿は、本シリーズ「Discover Korea’s Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第3弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。

 

ウェアラブルデバイスはこれまで散々注目を集めてきたが、

スマートウォッチや IoT ウェアラブルは今年スランプに陥っている。

私たちは、ウェアラブルデバイスは必ずしも必要なものではないのかもしれない、

という結論に至ったわけだ。

では、スマートベルトはどうだろう? 食習慣をトラッキングする健康ベルト「WELT」が、

ベルトをスマート化しようというファッションブランドの注目を集めている。

 

中国は肥満人口がもっとも多い。肥満の人をターゲットに、

同社は中国の小売業者向けに製品をリリースする予定だ。

 

WELT の CEO、Sean G. Kang(강성지)博士は言う。

 

"市場には Fitbit、Misfit、Miband といったウェアラブルデバイスが出回っています。

実は、ウェアラブルデバイスを身につけるというのはそれほど心地いいものではありません。

ビジネスマンは常にベルトをつけています。

それでベルトを思いついたのです。チームを編成し、スマートベルトの開発に取りかかりました。"

 

WELT はベルトのバックル裏に隠されており、

2つのセンサーを備えている。1つのセンサーはウェスト周りのサイズを計測し、

もう1つのセンサーは歩数を数え、ユーザの着席時間を測る。

計測したデータはペアリングアプリに送られ分析される。

 

"食べ過ぎもモニターできます。

食べ過ぎるとお腹は5cmほどふくらみ、ベルトの穴を1つ緩めなくてはならなくなります。

WELT はベルトの張り具合の変化をトラッキングします。"(Kang 博士)

 

他にも、通勤に出る時間や家に戻る時間、トイレに行く頻度、

トイレで過ごす時間などを記録したり、

ユーザが倒れた時に緊急サービスに連絡したりといった機能もある。

 

WELT のバッテリーは1ヶ月間持続し、

充電は側面に設けられた micro USB ポート経由で可能だ。 

同社は現在、ユーザの毎日および毎月の健康習慣にスコアをつけるアプリを開発中である。

 

今年8月、同社の Wellness Belt の Kickstarter キャンペーンが立ち上げられ、

目標額3万米ドルの2倍の計7万2,964米ドルの資金を集めた。

 

 

WELT の CEO である Kang 博士は以前、ソウルのセブランス病院の医師であった。

同氏は Samsung Electronics の Mobile Communication Health Development 

グループで働いていた時に心拍をトラッキングするセンサーを開発している。

スマートベルトのアイデアを思い付いた同氏は、

従業員が思い付いたアイデアでスタートアップを実現できる Samsung の社内インキュベータ、Creative Lab(C-Lab)内でチームを編成した。

 

"Samsung Creative Lab は2年ほど前に立ち上げられました。1年に約10チームが新たに編成されます。"(Kang 博士)

 

Samsung Creative Lab で11番目のチームとなる WELT は、Samsung Ventures からシード資金を獲得している。

同チームは Samsung の社内コンペに勝ちスピンオフした。

Kang 博士によると、約20チームが Samsung を出て会社を設立したという。

 

"ハードウェアは、例えばある会社がリバースエンジニアリングすれば複製できるかもしれません。

ですが、弊社のセンサー用アルゴリズム、ヘルスデータ、ファッションブランドや病院との提携は複製できません。"(Kang 博士)

 

同社は11月に Indiegogo キャンペーンをローンチ予定だ。

またファッションブランドや病院とも提携しており、12月には消費者向け製品のローンチを目指している。

同社は未来創造科学部傘下にあるの K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。

 

WELT の共同設立者:Ken Roh(노혜강)氏,Sean Kang(강성지)氏,Hane Rho(노혜인)氏

 

【via Technode】 @technodechina

 

【原文】

Image Credit: LUXROBO

 

今回の投稿は、本シリーズ「Discover Korea’s Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第2弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。

 

MODI はロボットデバイスと併せて IoT ハードウェアやソフトウェアを作ることができるロボティクスプラットフォームおよびモジュール式 DIY ソリューションである。

プログラミングの知識のないユーザもロボットを製作してその動作をドラッグ・アンド・ドロップで簡単にプログラムすることができる。

MODI には MODI Module というハードウェアと MODI Studio というソフトウェアがある。

 

Kickstarter キャンペーンでは、3万米ドルの目標金額に対しその2倍にあたる6万8,413米ドルがつい先日集まったところで、

終了まであと16日残されている(原文掲載日:11月4日)。

 

(編注:最終的には9万ドル以上の資金を集め、キャンペーンは終了済)

 

MODI モジュールを使用すれば、例えば侵入者検知器やスマートごみ箱、

ペットにフードをあげてくれるロボット、ムード照明、懐中電灯、小型車まで、

想像のおもむくままどんな IoT デバイスやロボットデバイスも作ることが可能だ。

13種類のモジュールはインプット、アウトプット、セットアップの3つのカテゴリに分類でき、

半田付けや配線の必要なく磁石でモジュール同士を組み合わせられる。

 

                      

                                  MODI モジュール

 

MODI Studio は PC、タブレット、スマートフォンに対応しており、

各モジュールは耐久性のあるコネクタに接続することができる。

 

製品責任者の SeokJung Kim(김석중)氏は次のように述べている。

 

"中核となる技術は OS で、特許を取っています。

また各モジュールが知能を持っており、MODI の開発に ARM プロセッサと C 言語を使用しました。"

 

主な競合にはニューヨーク市に拠点を置くスタートアップでモジュール式電子回路のオープンソースライブラリを開発する littleBits がある。

 

LUXROBO(럭스로보)のグローバルマーケティングマネージャーである MinUk Kim(김민욱)氏は TechNode に対しこう語った。

 

"littleBits は回路ベースなので、モジュールを接続する順番や向きに制限があります。

一方 MODI ではモジュールを繋げる順番や方向に制限はありません。"

 

<関連記事>

•韓国発モジュールベースのロボティクス・プラットフォーム「Luxrobo」、シリーズAラウンドで約1.4億円を資金調達

 

 

モノづくりを学ぶ大学生がメーカー市場を揺るがす

Roboterra や Miaozhua、Kidscode.cn など一部中国企業は、

親が子供に技術的スキルを身につけさせたいという要望の増大に応えて、

ロボット工学に基づいたコーディングの授業を行っている。

 

"今では教育部門は非常にレッドオーシャン化していますが、

私たちは DIY マーケットに焦点を合わせています。

DIY マーケットに競合は多くはいません。"(Kim 氏)

 

Atmel によると、アメリカで製造業に従事する人はおよそ1億3,500万人いる。

MAKE/Intel Maker Market Study によると、

2012年には調査した789の製造業者のうち79%がハードウェアまたはソフトウェアのプロジェクトに関わっていたという。

 

2014年に大学生のロボットクラブが設立した LUXROBO の最初の製品がこの MODI だ。

メンバーの平均年齢は非常に若いが、このチームには高い技術的バックグラウンドを持ったメンバーが揃っている。

LUXROBO の25歳の CEO である Sanghun Oh(오상훈)氏は国際ロボットコンテストで8回優勝し、

National Robot Team of Korea の最年少コーチやロボット工学コンテストの最年少審査員長を歴任した。

 

同社の27歳の CTO である Seungbae Son(손승배)氏は重要な制御技術を開発し、

Hanwha(한화)および Samsung Thales の無人潜水機などの防衛デバイス向けに譲渡した。

 

Kim 氏によると、同社は今後イギリスの教育市場やアメリカの小売市場への拡大に焦点を合わせていくという

11月にはSTEM(科学・技術・工学・数学)教育に MODI を利用できる可能性を見出すため、

MODI をイギリスの中学校・高校へ提供する予定だ。

 

LUXROBO はシードラウンドでハードウェア専門アクセラレータの FuturePlay から、

シリーズ A ラウンドでは金融サービスグループである Mirae Asset(미래에셋)および Hanwha から資金を調達している。

MODI の OS はフィンテックにも応用し得るという。

同社は韓国の未来創造科学部傘下にある K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。

 

LUXROBO チーム

 

【via Technode】 @technodechina

 

【原文】

今回の投稿は、

本シリーズ 「Discover Korea's Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第5弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。


人工知能(AI)が消費者市場でますますトラクションを獲得しつつある中、

国では今年初めにすでにホームロボットが何種類か登場した。

そして今、韓国を拠点とする Innovative Play Lab(아이피엘) が、

強力な AI のおかげで他社を超える知能をもつロボットを開発したという。


IPL 独自開発した AI を搭載した iJINi 声や顔を認識できる。

10年におよびロボット開発に従事している IPL の設立者兼 CEO Kyungwook Kim(김경욱)氏は、

ハードウェアインターフェースはまもなくタッチ操作ではな

く音声認識に基づくものになるだろうと考えている。


iJINi は、対面式の通話や不在時の家の監視が可能だ。

また赤ちゃんの寝返りを認識したり泣いた時に両親に通知したりと、

赤ちゃんの世話を手伝うこともできる。

ペアリングしたモバイルアプリに接続し、データはすべてクラウドで処理される。

20167月には、プロダクトデザイン部門でレッド・ドット賞を獲得している。


     

iJINiはバッテリー残量が少なくなるとチャージ・ステーションに戻ってくる
Image Credit: IPL


IPL は先週(11月第3週)、

国を拠点とする ROOBO との160億韓国ウォン(1,340万米ドル)相当の販売契約を発表した。

ROOBO は以前、IPL 対して220万米ドルの投資を行っている。


IPL がロボットシステムの設計と開発を担当し、

ROOBO がロボットの販売と中国国内における AI サービスを担当する。

ROOBO はまた、iJINi への O2O サービスの接続も予定しており、

所有者は iJINi 経由で食べ物を注文したりタクシーを呼んだりすることができるようになる。

同ロボットは来年初頭までに中国、タイ、韓国で発売される予定だ。


関連記事>

 

IPL は、ロボティクス向けに最適化された Android バージョンを開発した。

ロボティクスの開発者向けにツールセットを提供し、

ロボットに加えコンテンツの開発を助けることが目的だ。

IPL によると、このロボティクス API 発ツールは近くローンチ予定だという。

最終的に目指すのは、ロボット向けコンテンツエコシステムを提供するプラットフォームを構築することにある。


iJINi の主な競合は、アメリカ発の Jibo と、

フランスの Blue Frog Robotics が開発した家族向けのコンパニオンロボット Buddy だ。


だが IPL は、同社のクラウド AI がもつ適応性と拡張性で競争優位を確立できると見込んでいる。


“AI ロボットは、AI クラウドと、

提供するサービスと互換性があるハードウェアプラットフォームを必要とします。

弊社プラットフォームは他の AI プラットフォームと互換性があります。”(Kim 氏)


ソーシャルロボットを専門とする同社は家電市場をターゲットとし、

スマートホームロボットの構築を目指している。


“今のところ、人々はロボティクスの必要性をあまり感じていません。

だからこそ家電市場をターゲットとしているのです。

弊社は音声インターフェースを利用して情報をロボットに伝達したいと考えています。

ロボットを他の IoT とつなぎ、ユーザが他の家電を音声で管理できるようにすることを目指しています。”(Kim 氏)


IPL は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。



 

 

via Technode @technodechina


【原文】


    http://thebridge.jp/2016/12/meet-ai-pet-robot-responds-voice

Image Credit: VisualCamp

 

 

今回の投稿は、本シリーズ「Discover Korea’s Tech(韓国のテックスタートアップを探る)」の第4弾である。

数々の巨大企業が牛耳っていることで有名な韓国経済の中、

自身が持つテクノロジーによって自立した韓国のスタートアップ起業家たちに話を聞いていく予定だ。

数ヶ月に渡って彼らを追うこの企画を楽しみにしてほしい。

@technodechina からシリーズ最新のストーリーをチェックできる。

 

バーチャルリアリティ(VR)をめぐる最大の論点は、

この技術でいかにしてマネタイズするかということだ。

VR 広告は VR コンテンツをマネタイズする一つの方法とみられているが、

広告で視聴者からのトラクションを引き出せるかは不透明である。

韓国を拠点とする VisualCamp(비주얼캠프 ) は、

VR 広告の効果計測を求める広告主向けソリューションを提供している。

同社は VR でユーザが目を向けたときに信号を入力できるテクノロジーを開発した。

 

VisualCamp の共同設立者兼 CEO の Charles Seok(석윤찬)氏はこう話している。

 

"当然ですが、VR 広告ビジネスの話をする前に、

まず前提として VR コンテンツビジネスが軌道に乗らなくてはいけません。

VR 広告は、VR コンテンツブームがあってこそのものです。

視線追跡テクノロジーがあれば、VR 広告市場がもっと身近なものになるでしょう。"

 

同社の主な競合企業には、日本を拠点とする Fove、EyeTribe、EyeFluence、

SMI などがある。視線追跡企業の EyeFluence は先月 Google に買収された。

Charles 氏はそのほか、視線追跡他社は高価格ゆえにい 

まだ普及が見込めない PC ベースの VR ヘッドセットに注力しているという。

VisualCamp では、Android やオールインワンをサポートしているモバイルベースの VR ヘッドセットに対応しているため、

同社のテクノロジーは料金が手頃で手に入れやすい。

Charles 氏は、「CPU 占有率が10%以下の視線追跡アルゴリズムを開発しました」と述べている。

 

Charles 氏は続けてこう述べている。

 

"VR 広告市場が成長するのはモバイルベースの VR 分野でしょう。

スマートフォン対応の VR ヘッドセットは顧客から見てお手頃で、

たくさんの有料広告が得られるからです。

これに対し PC ベースの VR HMD は今でも非常に高価なので、

PC 対応の VR ヘッドセット市場の発展は遅れるでしょう。"

 

 


 

 

様々なセクターで採用されている視線追跡テクノロジー

 

 

Charles 氏は次のように話している。

 

"コマースセクターでは、

当社の視線追跡テクノロジーを活用して視聴者が 3D ショッピングモールで品物を購入したかどうかを広告主が把握できます。

例えば、360度動画でブランド製品が用いられる際、異なるシーンでブランド広告効果が計測できるのです。"

 

現時点での見通しでは75%の正確度だが、

テクノロジーの開発によりこれを90%まで高められるとみている。 

また、視線解析を活用することで、

視聴者がその広告を魅力的と感じたかどうかも判別できるという。

 

"例えば Alibaba の BUY+のような VR コマースが実現すると、

視線追跡テクノロジーによる購入コンバージョン率の向上にもつながります。

ユーザの購買可能性が高いようならクーポンを配信する、

ということができるのです。(Charles 氏)"

 

このテクノロジーはこれ以外にも、ゲーム、教育、360度動画、広告、

調査など様々なセクターで応用できる可能性がある。

 

"視線解析を活用すれば、ポーカーの場合、

隣のプレーヤーがプロかどうかがわかるでしょう。

教育セクターでは、その人が文字を読めるかどうかがわかるでしょう。(Charles 氏)"

 

VisualCamp は中国の VR 企業 Nibiru(睿悦) と協業している。

Nibiru は南京を拠点とし、

2K の VR ヘッドセットソリューションを開発して中国でビジネス展開している。

競合の Fove は昨年、Samsung Ventures から資金調達を受けた。

 

"中国では、ソフトウェア、ハードウェアなどあらゆる VR の構成要素が前進しています。

一方、韓国には強力なコンテンツとテクノロジーはあるのですが、

消費者や企業の VR 採用ペースはまだ緩慢です。(Charles 氏)"

 

VisualCamp は昨年、 

Red Herring によりアジアで最もイノベーティブなテクノロジースタートアップ上位100社に選ばれた。

同社は韓国・未来創造科学部傘下の K-ICT Born2Global Center の支援を受けている。

 

【via Technode】 @technodechina

 

【原文】

 

http://thebridge.jp/2016/11/discover-koreas-tech-visualcamp-eye-tracking-company-for-vr-ads-monetization

Newsletter Sign Up

By clicking "submit," you agree to receive emails from Bron2Global and accept our web terms of use and privacy and cookie policy*Terms apply.

Apply now for 2022 Boot-X Batch 2 program! (7/8 ~ 8/15 Mon 24:00 KST)

X